アジアの織物 PANDAN TREE blog

アジアのことから身近なことまで、きままブログ
-

スラウェシ島トラジャの茜染め&泥染めイカット

乾燥しがちな冬の合間の雪模様となった神奈川ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
日頃、暑い気候が大好きな人間ですが、久し振りに白く舞う雪を眺めるのも良いものですね。

さて先日、スラウェシ島トラジャの絣布をUPさせて頂きました。
スラウェシ島トラジャの茜染め&泥染めイカット1

このトラジャ・イカット。
実は、昨今では合成染料を使用してつくられる事が多くなりつつあることもあり、個人的には、
『トラジャなら天然染料で!』
の思いが強かった事も重なって、ここ10年程は仕入れを控えておりました。
・・・が、今回、天然染料による物が幾枚か仕入れできましたので、久し振りの登場となりました。

これまでは、茜染めを主体に鉤文様が浮かぶセコマンディやポリ・シトゥトゥなどと呼ばれるトラジャ・イカットをご紹介してきましたが、今回初登場なのがマリロトンと呼ばれる泥染めのお品。
スラウェシ島トラジャの茜染め&泥染めイカット2

トラジャ族の中では白と黒は天国と地球を表すと伝えられているそうで、こうした彩りの織物は地域の長が洞窟で瞑想をする際などに使われたそうです。

織物にあしらわれた文様や彩りに、秘められた言い伝えや伝統、そして人々の思いや願いが反映されている側面などが私が織物に魅かれる一因でもあるのですが、長年織物を取り扱ってきた身でも、まだまだ布の持つ奥深さに魅了されております(^-^)。

さて泥染めと言えば、日本の大島紬、マリのボゴランなどがありますが、今回のトラジャのマリロトンのように東南アジアの地域にも泥染めが行われている地域が点在しております。
私が初めて泥染めの織物に出会ったのが、東ティモールのボボナロでつくられたタイス。
東ティモール・ボボナロの泥染めイカット1

年代的には、まだ東ティモールとして正式に独立する前の2000年頃に出会った一枚(つくられたのは1960年代頃)ということで、インドネシア製と言えば良いのか・・・、東ティモール製と言えば良いのか・・・と、歴史の過渡期を経た織物。

この、現在インドネシアとの国境に近い地域となった場所でつくられる泥染めの織物は、落ち着いた風合いの中に力強さが感じられるような、非常に心惹かれる風合いを持っております。
東ティモール・ボボナロの泥染めイカット2

ティモール島の他にも泥染めが行われている場所は見られ、例えば鮮やかな彩りの中に具象的な文様が浮かぶ織物の多いスンバ島でも、普段、女性達が纏っているサロンなどには、濃い藍~黒無地といったシンプルな彩りの物もあります。
スンバ島の女性

黒を生み出す方法に関しては地域によって様々で、
『藍染めを何度も何度も繰り返し濃い色にして黒と見なす』
などの他、
『藍染め&その他の植物(・・・例えば日本人の私達にも馴染みのある植物と言うとモクマオウやネムノキ科の木など)&鉄分豊富な泥による泥染めの併用で黒を生み出す』
など、一言に黒といっても様々な素材や観点から生み出されているようです。

色と言えば、昔お店を始める前に、鮮やかな緑色(いわゆる草色ではなくブリリアントグリーン系)は天然染料では表現できないと伺った事があるのと同様に、
「黒の彩りを表現するためには何を使用しているんだろう?」
と疑問に思っていた事もありましたが、このようにそれぞれの土地に密着した素材で、黒はもちろん様々な色を生み出してきたんですね。
因みに、ボボナロの泥染めには水牛の糞を染め材料の一つとして使用する事もあるそうです。

改めて、いにしえから伝わるつくり手の女性達の技と工夫に感服です。

-

オリジナルアクセサリーUP致しました

寒さ厳しい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
こうも寒いと体調を崩しがちにもなるかと思いますが、風邪など召されないよう、どうぞ御自愛下さいませ。

さて、長く取り掛かっておりましたオリジナルアクセサリーですが、ようやくUPさせて頂きました。

本格的な冬を迎える前に制作を始め、気が付けば丸々2ヵ月以上掛かってしまいましたが(^^;、今回は200品程の大容量!
カットの輝き&透明感のある天然石を使用したい気分だった事もあり、キラキラと輝く風合いの品が多くございますので、これから迎える春の装いにピッタリかと思います(^-^)。

そして、以前ブログでも紹介させて頂いたシルバーチェーンとカレンシルバーなどを組み合わせたシンプルなペンダントも多数取り揃えました。

オリジナルシルバーネックレス

もちろん、各シルバー素材には大好きなカレンシルバーとバリシルバーを出来るだけ使用しておりますので、程良くエスニック感が漂うデザインとなっております。
どうぞ、ごゆっくりお楽しみ下さいませ。

【オリジナルアクセサリー・コーナーへ≫】

オリジナルシルバーピアス

という訳で、アクセサリー制作が一段落しましたので、滞っていた織物の新商品UPの準備も徐々に再開しつつあります。
久し振りに仕入れをしたエリアの織物もございますので、そちらもどうぞお楽しみに♪

-

新年の願掛け

皆さん、明けましておめでとうございます。
2018年も始まり、気が付けばあっという間に10日が過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか?

PANDAN TREEも、気が付けばあっという間に16年目を迎え、これからも様々なアジアの品々をご紹介していきたいと身を引き締めている今日この頃。
どうぞ、本年も宜しくお願い致します。

さて、お店を始めてからは多少は商売繁盛の神頼みといったものもボチボチ行ったりしているのですが、2018年の神頼みは京都でということになりました。

昔からご愛顧頂いているお客様はご存知かと思いますが、PANDAN TREE創設の地は京都。
その京都暮らしの際に最寄りの神社だったのが、芸能神社で有名な車折神社(くるまざき神社)。

車折神社1

初詣はもちろん、日々の買い物や商品発送の際などでこの車折神社の境内を通っていた、云わば日々の生活圏。
車折神社3

ちょっとこじんまりとした境内ですが、この境内の参道の緑の中を通ると不思議とホッと癒されたものです。

この車折神社名物なのが圧巻の玉垣の数々!
車折神社2
(京都在住時に何気に撮った写真なのですが、上段左寄りに「嵐」の方々の名前が見えますね。今日になって気付きました(^^;。)

境内には何ヶ所かの社があって、一番有名な芸能神社の玉垣には有名人の名も多く書かれており、初詣の人々がそうした名前を見つけて盛り上がっておりました。

で、今年はPANDAN TREEもこの玉垣に参加してきました!

ちょっと気軽な感じでフラリと行って申し込んだは良いものの、
「どの社にされますか?」
との問いに、
「えっ?? (選べるの??)」
と、軽く動揺・・・

なんでも、芸能神社・水神社・弁天社・愛宕社の中から好きな所を選べるそう。
さて困った!
全然下調べなしに気軽に来てしまったので、どの社が一番自分に合っているのか分からない!
でも即決しなきゃ!

芸術品は扱っているけれど、芸事をしている訳ではないから芸能神社ではないし・・・。
昔、吉祥寺に暮らしていた際に聞いた、
“井の頭公園の池でボートを漕いでいるカップルに、奉られている弁財天(弁天)が悪さをする”
という噂が頭をよぎったり・・・。
愛宕と言えば、京都では「愛宕さん」と呼ばれる愛宕神社を指しますが、何故か「愛宕念仏寺」のズラリと並んだお地蔵さんが思い浮かんだり・・・。

神社の方によると、『弁天社が財運に良いので、一般の方はここを選ぶことが多い』・・・との事でしたが、上記の弁財天のイメージが・・・(´-ω-`)。

急いでスマホで情報を探しても、芸能神社の記事はあっても、他の3社の記事はなかなか見付からず・・・。

と、悩んでいた時に思い出したのが、タイやラオスなどPANDAN TREEに縁のある地域では、龍神(蛇神)ナーガが敬われている事。
タイのナーガ神

もちろん、地域の織物にも登場する事が。
ナーガ文様の織物

という訳で、龍神を奉っている水神社にしてみました。
PANDAN TREEにはピッタリかな~・・・と思っていますが、いかがでしょう?
水神社という事で、水商売の方やお店の方がこの社を選ばれるそうですが、龍神に魅かれてここに決定~!

因みに芸能神社が2年で10,000円也。
その他が2年で8,000円也。
有名神社の割にはお値打ち価格なのでは・・・と思います。
車折神社玉垣代

因みに、人気が高まった事もあり、玉垣が立てられるのは1か月後になるそうで、我がPANDAN TREEの玉垣がビシッと立った姿は写真に撮れませんでした(^^;。

そして商売を行っている方には、こんな神社もいかがでしょうか?
高辻通りにある「繁昌神社」
繁昌神社2
繁昌神社3

本当にこじんまりとした神社で、高辻通りから見ると、こんな感じ。
繁昌神社1

社務所に人がいなかったので、お金を賽銭箱に入れて御朱印を頂き、お参りしてきました。
御朱印

そんな訳で、ふとした散歩の予定が、期せずして願掛けでスタートした2018年。
今年も良い年でありますように♪

-

年末年始休業のお知らせ

寒さ厳しい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

気が付けば、2017年も残りあと5日。
本当に一年が過ぎるのは早いものですね。

さて、PANDAN TREEの年末年始の営業につきましてですが、ショップ・サイトでご紹介させて頂いておりますように12月29日(金)~1月3日(水)の期間はお休みさせて頂きます。

12月28日(木)までにご注文頂きましたお品に関しましては年内発送、それ以降のご注文に関しましては1月4日(木)より順次発送させて頂きます。
暫くの間ご不便をおかけ致しますが、何卒、ご了承下さいませ。

さて、以前本ブログでお知らせさせて頂いておりましたオリジナル・アクセサリーですが、やっとUPの目処も立ち、各詳細ページを作る段階に入りました。
多分、1月中旬にはUP出来る・・・かな~?・・・といった感じになりました。
という訳で、只今必死のパッチで作業に励んでおります。
どうぞ、お楽しみに!

で、今回の写真撮影時に、
「何かちょっとプラスしたいな~。」
と思い、トルソーを仲間入りさせてみました。

初参加となったのは、まずはこちら。
我が家での通称「ハンド君」
ハンド君

届いて見た瞬間にアダムスファミリーがピコ~ンッ!!・・・と思い浮かび、名前を付けずにはいられませんでした。
ツレ曰く、
「なんかイタズラに使えそうだね~( ̄▽ ̄)。」
と。

マニキュアを塗っても楽しめますとの説明書きがありましたが、ハンド君に倣ってこのまま使っていこうかと思っています。

で、このハンド君にブレスレットを着けてみると、こんな感じ。
オリジナルアクセサリー写真

どうでしょう、ブレスレットを着けた際のイメージが、より湧くような気がしませんか?

そしてもう1種参加したのがこちらのピアス用トルソー。
ピアストルソー

白&黒で購入してみたのですが、天然石などとの兼ね合いから今の所は白の方が使いやすいよう。
因みに、こちらはまだ名前はありません。

他にもネックレス撮影時に長年お世話になっている上半身トルソーなどもありますが、
ボディ子

こちらは肩の張ったデザインだったため、友人に「肩張ボディ子」と命名されました( ̄▽ ̄)。
姓が肩張(かたはり)さんです。

そんな訳で、この3種のトルソーを従えて、来たる2018年も皆様に様々なアジアの味わいあふれる品々をご紹介していきたいと思います!
それでは、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ♪

-

バリ島東部あれこれ

今年もあと1ヶ月となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
寒さも深まってきましたが、どうぞ風邪など召されないようお気を付け下さいませ。

さて、長く取り掛かっておりましたオリジナル・アクセサリーですが、ようやく完成しました。
・・・とは言っても、例のごとくにこれから写真を撮ってページを作り・・・といった状況だったりします(-_-)。
本店サイトにご紹介出来るのは、やはり年末?それとも年明け??となってしまうかと思いますが、今回は久し振りに数量的にも多めのUPとなりますので、どうぞお楽しみに!
(UPの連絡をお待ち頂いている皆様方におかれましては、もう少々お待ち頂けましたら幸いです。)

さて、そんな訳で、ここ2~3ヶ月程は仕事机の横にアクセサリー作りの素材&用具一式を常備し、合間を見ては制作三昧の日々だったのですが、最近はバリシルバーの素材を見る度に、
「アグン山が噴火したけど大丈夫かな・・・?」

アグン山

などと気にかかっていた訳で、そこで島中部で職人をしている知人に、
「大丈夫?」
とメールをしてみたのですが、
「今の所は大丈夫だよ。」
との事。
もしかしたら、観光業に従事している方でしたら、徐々に影響を感じ始めているのかもしれませんね。
これから日本も旅行シーズンという事で、年末年始にバリ旅行を予定されている方はヤキモキされているかと思いますが、どうぞ充分にお気を付け下さいませ。

ブサキ寺院

さて、このアグン山のあるバリ島東部には織物の産地が点在しており、渡バリの際は必ず東部に幾度かは足を運んでおります。
向かうエリアはアグン山の南側になりますが、島東部に行って時間ができた際には、アグン山の周りをドライブする事も多々あります。
この緑豊かで風光明媚なポイントが多いエリアの中で、アグン山とバトゥール湖とに囲まれた北東部は例外的に乾燥地帯となっており、農作物も育ちにくい為、島内でも貧困地区とされてきました。
今はだいぶ少なくなりましたが、一昔前はバリの都市部では物乞いを結構見掛けたもので、この物乞いの人達が普段暮らしているエリアがこの北東部エリアだそうです。
いわば、物乞いをしに町に出稼ぎに遥々来ていた・・・といった感じでしょうか。

この状況を解消するための自立支援として作られ始めた品々が、個人的にバリ土産の食べ物バージョンに長年悩まされてきた私としては、皆さんにお勧めしたい!品々。

いつも、
「何にしようかな・・・。」
と悩みながら、無難にバリコーヒーなどでお茶を濁していた訳ですが(バリコーヒーも好き嫌いが分かれますけど(^^;)、最近はこの北東部エリアで生産されたロゼラティーやパームシュガー、East Bali Cashewsのカシューナッツにお世話になっています。

バリ島北東部の名産品
(スーツケースにギュウギュウに入れたので、ちょっとシワシワになっていますね(^^;。)

それぞれに味もとても美味しく、East Bali Cashewsのカシューナッツに至っては(いつもパクパク食べちゃうのでちょっと画像は無いのですが(*^^*))、方々を周って疲れてホテルに帰ってきた後のビールのおつまみに、今では欠かせない一品。

これにクサンバの塩、オーガニック石鹸を加えた5種が私的な欠かせないバリ土産ベスト5!
(石鹸と言えば、東部海岸地域にはSensatiaやIsland Mystk の工房もあります。)

本当に、バリ島ではこれまで食べ物のお土産選びには悩まされてきたので、この東部の品々はいわば救世主!的な存在でしょうか。
そして、地域の救世主にもなりつつあるこの品々、是非、渡バリの際はご購入下さい!
(大きめのスーパーマーケットで手軽に見つかりますよ(^-^)。)

アグン山噴火という時期的に島の東部をお勧めするのもちょっと気が引けますが、でも喉かな風景の広がる素敵なエリアで、南部リゾート部やウブドともまた一味違った魅力に溢れております。
噴火が早く治まる事を願っております。