FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

環境とレジ袋と梱包と

長かった梅雨も、ようやくあと少しで空けそうですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
梅雨とは言え、こうも長雨・豪雨が続くは思ってもいませんでしたが、やはり地球の気候・環境も変わり始めたんでしょうね…。

環境と言えば、今月からレジ袋の有料化が始まりましたが、皆さんはレジ袋買いますか?買いませんか?
私はと言えばグレーゾーンといった感じで、買ったり買わなかったり…。

もちろん、買い物の際はレジカゴ一個分くらいの買い物バッグを持って行きますが、数日分をまとめ買いする事が多いので、どうしてもバッグに治まりきれずに(-_-)レジ袋を購入する事も多々。

でも、お店によってはレジ袋が何種類もあったりで、
「どの大きさになさいますか?」
から始まって、この間は大きさに加えて、
「黒と白、どちらがよろしいですか?」
と聞かれた際には、レジ袋有料化の面倒臭さがヒシヒシと…(- -)。

よく、
「夕飯、何が良い?」
と奥さんに聞かれて、
「何でもいいよ~」
との旦那さんの一言が夫婦げんかの始まり…なんて言いますが、ふとその禁断の、
「何でもいいよ~」
を発したくなってしまいました(^^;。

最近は環境に配慮した素材のレジ袋のお店も多いですし、住んでいる自治体ではレジ袋でのゴミ出しもOKなので、個人的には程々有効活用している方なのですが、このレジでの袋選びのやり取りの煩雑さに、
「エコバッグも買い物バッグに常備しておこうかな…。」
と思った次第。

100均のエコバッグなどは持っていますが、重めの物でも大丈夫そうな物を!…という事で、ShupattoとMOTTERUで悩んだ末、MOTTERUを購入♪

エコバッグ

決め手は、シャカシャカではないしっとりとした生地感とマチのあるデザイン。
超コンパクトに畳めるという訳ではありませんが、
「これだったら買い付けの際も活用できそう♪」
…といった程々の頑丈さもあります。

で、そうしたレジ袋の有料化から、ふとお店で使うプラ製の梱包材の事も考えてみた訳ですが、梱包材としてはバイオマス配合などエコな物はまだ種類が少ないようで丁度良いサイズの物がなかったり、かと言って輸送時に万一濡れなどがあった場合を考えると、紙製品のみでの梱包にも踏み切れず、しばらくは様子見を…といった感じです。

代わりに最近取り入れたのが、紙製クリップ。

紙製クリップ

一見、プラスチックの様に見えるかもしれませんが、硬めのクラフト紙で出来ており、そのままシュレッダーにかけてもOKだとか(でも多分、非力なシュレッダーだとダメかも…な感じです(^^;)。
素朴さと共に可愛さもありますので、ご注文時の梱包内にもしこのクリップが使用されていたら、リユースして頂けたらありがたいです(^-^)。

素朴と言えば、当店でご注文品の明細などを同封する際に使用している素朴~な封筒ですが、

インドネシア製封筒1

実はこれ、(以前もブログで紹介させて頂いておりますが)インドネシアの封筒なんです。

あまりにも素朴な風合い過ぎて、怪しく思われた方もいらっしゃるかな~(^^;、などとも思いますが、こういう素朴さに魅かれてしまうんですよね~♪

で、この素朴な封筒に、インドのブロックプリント生地用のスタンプをドンッ!…と。

インドネシア製封筒2

時代としては簡易包装に進むべきなのですが、注文した品の開封の際のワクワク感も楽しいもの…と、個人的には考えておりますので、華美にはならないように、でも楽しんで頂ける様に…と、自己満足ではありますが(^^;、あ~だこ~だと自分でも楽しみながら選んでいたりします( ̄▽ ̄)。

因みに、アクセサリーをお送りする際に使用しているエアクッション袋ですが、こちらも何かの際にリユースして頂ける様に、きれいにテープがはがせるようマスキングテープを使用しておりますが、好きなウィリアム・モリスのデザイン物や花びら型の物を使用して、ここでも個人的に遊んでしまっております( ̄▽ ̄)。

マスキングテープ

要は文房具類が好きなんでしょうね~♪

という訳で、バリ島シルバーの仕入れ案が中途なままなのに、織物の仕入れも並行して策を練っている芋づる式の今日この頃で、お陰でいつも以上に肩凝りが激しくなり(+o+)、今もボカシオイルを肩に塗り、

ボカシ・オイル

&インド目薬を差しながらPCに向かっている次第。

アーユルヴェーダ目薬

そんなこんなで、買い付けに行けない代償が肩と目に出始めている訳ですが(^^;、コロナ前の通常の生活に近い形に、そして行きたい場所に自由に行ける、そんな状況に早く戻って欲しいものですね。

スンバ島の海

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/357-71cca9a2