FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

ユニークな植物達【カレン族シルバーの中のモチーフ】

台風一過となった本日ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今年は本当に台風が多いですが、どうぞくれぐれもお気を付け下さいませ。

さて、今回は久し振りに「カレン族シルバーの中のモチーフ」シリーズを。
今回のお題は植物。

自然と共存してきたカレン族のシルバーアクセサリーには、身の回りで見かける様々な植物が登場します。
具象的にリアルに表現されたものも多く、頭に浮かぶものをサッと列挙してみると、蘭・薔薇・プルメリア・苺・林檎・パイナップル・唐辛子・エンドウ豆などなど・・・。
ジャスミンの蕾らしき造形もあったりで、実に多様。

もちろん、各種の葉なども具象的に表されたり、下の画像の様に刻印としてあしらわれたり。

カレン族シルバーの葉脈の刻印

そんな中で、ちょっとユニークな植物や造形も見られます。

例えば、バナナの花。
バナナの花をかたどったカレン族シルバー

花の雄しべや雌しべの集まり。
花のつぼみをかたどったカレン族シルバー

そう言えば、タイ北部などではギウ(Ngiu)と呼ばれる赤い花が咲く背の高い木が見られますが、このギウの雄しべなどがスープなどの食材として市場で売られていたりします。
それをイメージしたモチーフか・・・は定かではありませんが(^^;、ふとこの造形を見て思い出した次第です。

こちらは、花の種が入った莢をかたどった物。
身近なイメージで例えると、菜の花の莢のような造形とでも言いましょうか。
種をかたどったカレン族シルバー

そして、クラウンフラワーをかたどったカレン族シルバーも見られるのですが、残念ながらシルバーの方の画像は手元になかったもので、こちらの画像でご覧下さい。

クラウンフラワーをかたどったカレン族シルバー

この中央の白い花がタイではドークラック(Dook Rak/Ruk)と呼ばれるクラウンフラワーなのですが、お供えの花輪などにあしらわれる事が多いので、見かけた事のある方も多いかと思います。
このお花、タイ語で『愛の花』というロマンティックな意味合いを持つそう

最近はクラウンフラワーをプラスチックでかたどって花輪にする事も増えてきているようで、実は上のクラウンフラワーもプラスチック製だったりするのですが(^^;、カレン族の皆さんは、この花をシルバーでそっくりに制作している訳です。

そして、伝統デザインの中には、稲穂をイメージした物も。
稲穂をかたどったカレン族シルバー

このくるんと2つ丸まった先の辺りが稲穂を表しているそう。

色々なカレンシルバーを眺めていると、本当に身の回りの様々な自然の植物が取り込まれているのが分かります。
カレン族の人々が生活している環境に思いを馳せつつ、カレンシルバーを眺めてみるのも楽しいものです(^-^)。

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/326-3b215cc0