FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

スラウェシ島トラジャの茜染め&泥染めイカット

乾燥しがちな冬の合間の雪模様となった神奈川ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
日頃、暑い気候が大好きな人間ですが、久し振りに白く舞う雪を眺めるのも良いものですね。

さて先日、スラウェシ島トラジャの絣布をUPさせて頂きました。
スラウェシ島トラジャの茜染め&泥染めイカット1

このトラジャ・イカット。
実は、昨今では合成染料を使用してつくられる事が多くなりつつあることもあり、個人的には、
『トラジャなら天然染料で!』
の思いが強かった事も重なって、ここ10年程は仕入れを控えておりました。
・・・が、今回、天然染料による物が幾枚か仕入れできましたので、久し振りの登場となりました。

これまでは、茜染めを主体に鉤文様が浮かぶセコマンディやポリ・シトゥトゥなどと呼ばれるトラジャ・イカットをご紹介してきましたが、今回初登場なのがマリロトンと呼ばれる泥染めのお品。
スラウェシ島トラジャの茜染め&泥染めイカット2

トラジャ族の中では白と黒は天国と地球を表すと伝えられているそうで、こうした彩りの織物は地域の長が洞窟で瞑想をする際などに使われたそうです。

織物にあしらわれた文様や彩りに、秘められた言い伝えや伝統、そして人々の思いや願いが反映されている側面などが私が織物に魅かれる一因でもあるのですが、長年織物を取り扱ってきた身でも、まだまだ布の持つ奥深さに魅了されております(^-^)。

さて泥染めと言えば、日本の大島紬、マリのボゴランなどがありますが、今回のトラジャのマリロトンのように東南アジアの地域にも泥染めが行われている地域が点在しております。
私が初めて泥染めの織物に出会ったのが、東ティモールのボボナロでつくられたタイス。
東ティモール・ボボナロの泥染めイカット1

年代的には、まだ東ティモールとして正式に独立する前の2000年頃に出会った一枚(つくられたのは1960年代頃)ということで、インドネシア製と言えば良いのか・・・、東ティモール製と言えば良いのか・・・と、歴史の過渡期を経た織物。

この、現在インドネシアとの国境に近い地域となった場所でつくられる泥染めの織物は、落ち着いた風合いの中に力強さが感じられるような、非常に心惹かれる風合いを持っております。
東ティモール・ボボナロの泥染めイカット2

ティモール島の他にも泥染めが行われている場所は見られ、例えば鮮やかな彩りの中に具象的な文様が浮かぶ織物の多いスンバ島でも、普段、女性達が纏っているサロンなどには、濃い藍~黒無地といったシンプルな彩りの物もあります。
スンバ島の女性

黒を生み出す方法に関しては地域によって様々で、
『藍染めを何度も何度も繰り返し濃い色にして黒と見なす』
などの他、
『藍染め&その他の植物(・・・例えば日本人の私達にも馴染みのある植物と言うとモクマオウやネムノキ科の木など)&鉄分豊富な泥による泥染めの併用で黒を生み出す』
など、一言に黒といっても様々な素材や観点から生み出されているようです。

色と言えば、昔お店を始める前に、鮮やかな緑色(いわゆる草色ではなくブリリアントグリーン系)は天然染料では表現できないと伺った事があるのと同様に、
「黒の彩りを表現するためには何を使用しているんだろう?」
と疑問に思っていた事もありましたが、このようにそれぞれの土地に密着した素材で、黒はもちろん様々な色を生み出してきたんですね。
因みに、ボボナロの泥染めには水牛の糞を染め材料の一つとして使用する事もあるそうです。

改めて、いにしえから伝わるつくり手の女性達の技と工夫に感服です。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/317-dc373b4d