アジアの織物 PANDAN TREE blog

アジアのことから身近なことまで、きままブログ
-

バリ島東部あれこれ

今年もあと1ヶ月となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
寒さも深まってきましたが、どうぞ風邪など召されないようお気を付け下さいませ。

さて、長く取り掛かっておりましたオリジナル・アクセサリーですが、ようやく完成しました。
・・・とは言っても、例のごとくにこれから写真を撮ってページを作り・・・といった状況だったりします(-_-)。
本店サイトにご紹介出来るのは、やはり年末?それとも年明け??となってしまうかと思いますが、今回は久し振りに数量的にも多めのUPとなりますので、どうぞお楽しみに!
(UPの連絡をお待ち頂いている皆様方におかれましては、もう少々お待ち頂けましたら幸いです。)

さて、そんな訳で、ここ2~3ヶ月程は仕事机の横にアクセサリー作りの素材&用具一式を常備し、合間を見ては制作三昧の日々だったのですが、最近はバリシルバーの素材を見る度に、
「アグン山が噴火したけど大丈夫かな・・・?」

アグン山

などと気にかかっていた訳で、そこで島中部で職人をしている知人に、
「大丈夫?」
とメールをしてみたのですが、
「今の所は大丈夫だよ。」
との事。
もしかしたら、観光業に従事している方でしたら、徐々に影響を感じ始めているのかもしれませんね。
これから日本も旅行シーズンという事で、年末年始にバリ旅行を予定されている方はヤキモキされているかと思いますが、どうぞ充分にお気を付け下さいませ。

ブサキ寺院

さて、このアグン山のあるバリ島東部には織物の産地が点在しており、渡バリの際は必ず東部に幾度かは足を運んでおります。
向かうエリアはアグン山の南側になりますが、島東部に行って時間ができた際には、アグン山の周りをドライブする事も多々あります。
この緑豊かで風光明媚なポイントが多いエリアの中で、アグン山とバトゥール湖とに囲まれた北東部は例外的に乾燥地帯となっており、農作物も育ちにくい為、島内でも貧困地区とされてきました。
今はだいぶ少なくなりましたが、一昔前はバリの都市部では物乞いを結構見掛けたもので、この物乞いの人達が普段暮らしているエリアがこの北東部エリアだそうです。
いわば、物乞いをしに町に出稼ぎに遥々来ていた・・・といった感じでしょうか。

この状況を解消するための自立支援として作られ始めた品々が、個人的にバリ土産の食べ物バージョンに長年悩まされてきた私としては、皆さんにお勧めしたい!品々。

いつも、
「何にしようかな・・・。」
と悩みながら、無難にバリコーヒーなどでお茶を濁していた訳ですが(バリコーヒーも好き嫌いが分かれますけど(^^;)、最近はこの北東部エリアで生産されたロゼラティーやパームシュガー、East Bali Cashewsのカシューナッツにお世話になっています。

バリ島北東部の名産品
(スーツケースにギュウギュウに入れたので、ちょっとシワシワになっていますね(^^;。)

それぞれに味もとても美味しく、East Bali Cashewsのカシューナッツに至っては(いつもパクパク食べちゃうのでちょっと画像は無いのですが(*^^*))、方々を周って疲れてホテルに帰ってきた後のビールのおつまみに、今では欠かせない一品。

これにクサンバの塩、オーガニック石鹸を加えた5種が私的な欠かせないバリ土産ベスト5!
(石鹸と言えば、東部海岸地域にはSensatiaやIsland Mystk の工房もあります。)

本当に、バリ島ではこれまで食べ物のお土産選びには悩まされてきたので、この東部の品々はいわば救世主!的な存在でしょうか。
そして、地域の救世主にもなりつつあるこの品々、是非、渡バリの際はご購入下さい!
(大きめのスーパーマーケットで手軽に見つかりますよ(^-^)。)

アグン山噴火という時期的に島の東部をお勧めするのもちょっと気が引けますが、でも喉かな風景の広がる素敵なエリアで、南部リゾート部やウブドともまた一味違った魅力に溢れております。
噴火が早く治まる事を願っております。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/313-6e824a2b