FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

織物の中のモチーフ【パトラ文様】

寒さ厳しい日が続いておりますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は久し振りに「織物の中のモチーフ」シリーズを。
今回ご紹介させて頂くのは、“パトラ文様(パトラ写し)”。

この“パトラ文様(パトラ写し)”。
現在の東南アジアの染織に、大きな影響を与えてきた文様の一つと言えるかと思います。

「パトラ(patola)」自体は、インドのグジャラート州パタンで織られる絹の経緯絣の事で、昔はグジャラート州各地で織られていたそうですが、現在では数軒のお宅でつくられるのみとなっております。

この「パトラ」は、17世紀頃からオランダ東インド会社の輸出品として東南アジアにもたらされ、王侯・貴族のステイタス・シンボルとされました。

その後、「パトラ」に代表的にあしらわれる華美な花文様は人々にとっての憧れとなり、徐々に各地域の織物にもそうした文様を模した織物が、絹素材・綿素材を問わずにつくられるようになったそうです。

始めの頃は、こうしたパトラ風文様があしらわれた織物も、王侯・貴族にのみ着用が許された禁制文様であったそうですが、次第に広く庶民の間でも使用されるようになっていきました。

前出のように、「パトラ」はオランダ東インド会社の輸出品としてインドからもたらされたこともあってか、その拠点のあったインドネシアにパトラ文様の織物が多く見られますが、

パトラ文様1

パトラ文様2

パトラ文様3

カンボジアのサンポットホールや、タイのマットミーなどにも、「パトラ」の影響が見られます。

パトラ文様4

このように、「パトラ」は現在の東南アジアの染織に大きな影響を与えてきましたが、華麗な花文様のみならず、ハート文様や象の文様があしらわれた“パトラ写し”もあります。

こうした世界の繋がりが垣間見れるのも、また面白いものですね。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/299-d458d929