FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

ナガ族装身具

春が待ち遠しい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、なかなか商品写真を撮る時間が作れずにおりましたが(^^;、今回は先日UPさせて頂いたナガ族のかんざしをちょっとご紹介したいと思います。

以前も少々UPさせて頂きましたが、水牛(バッファローボーン)製のこのナガ族のかんざし。
残りの在庫が少なくなった事もあり、
「何処かで扱っていないかな~・・・(´・ω・`)」
などと考えながら、いつもお世話になっている仕入れ先を昨年訪れた所、
「丁度この間、山から戻ってきた所なのよ」
と、オーナーが満面の笑顔。

そうなんです。
このオーナーさん、商材を探しに2~3週間山に入りっぱなしの事が時折あり、タイミングが悪い時には訪れても会えず仕舞いな事もしばしばだったりするんです(^^;。

その満面な笑顔のオーナーさんの仕入れ品の中に、ナガ族のかんざしが沢山!

思わず、買い占める勢いで大量購入してきてしまいました(*^^*)。

ナガ族かんざし
(これは一部です↑)

話変わって、この所、トランプ大統領がメキシコとの国境にフェンスを作ると宣言したニュースなどがありましたが、もう一ヶ所、個人的に見逃せないフェンス問題があったりします。

それは、このかんざしなども生み出しているナガ族の人々を分断するフェンス。
何やら、ミャンマー側が国境を確定したいとの事で、進めているそうです。

もし、興味がありましたら、どうぞこちらのニュースをご覧下さい。

「ミャンマー・インド国境のフェンス建設 インド側が懸念 / 2017-01-27」

The Financial Express (ニュース原文)

昔は、インド~ミャンマーからタイ北部へのナガ族の民芸品の流通ルートといったものもあり、ナガ族の方が遠路はるばる運んできてくれた100年程を経た素晴らしい工芸品に出会う事もありました。

ナガ族人面ペンダント

こうした交易の路が閉ざされるだけではなく、インドとミャンマーの国境線上に跨るようにお家を持つナガ族のお宅があったり、住民の場合はある範囲は自由に両国間を行き来出来ていたこれまでの状況が変わったりと、元々その地に暮らしていた同族の人々が分断され、このように翻弄されると言うのは、何とも切ないものですね。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/298-340d3635