FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

アジアのことから身近なことまで、きままブログ
-

タイと国王

寒暖の波が大きい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて10月13日にタイのプミポン国王が崩御されましたが、それに伴って様々な行事の中止なども生じている様子ですね。
そんな訳で、近々タイへ旅行される方は、最新の情報をチェックされることをお勧めします。

さて、タイを訪れた方でしたら、寺院や公共機関はもとより、お店、民家などなど、様々な場所に国王の写真や肖像が飾られている場面を見かけられたかと思います。

タイの国王1

タイの国王2

タイの国王4

カレンダーにも。
タイの国王5

時にはフロントのミラーにブロマイドが飾られていたり。
タイの国王3

・・・と、何気に写した風景写真に国王様の写真やグッズが偶然納まっていた・・・という事も多々あるのですが、それだけ敬愛されている証かと思います。

それ程国民に長く愛されてきた国王ですが、様々なロイヤル・プロジェクトを立ち上げ、貧しい農村部などの発展に尽力されてきました。

その中には、東北イサーン地方の絹織物マットミーや、山岳民族による染織品なども含まれており、本当にタイの町や村の津々浦々で、国王ファミリーの写真や肖像画を見かけます。

そんな中、日本では体験し得ないタイ体験と言えば、朝8時&夕方6時の国歌放送ではないでしょうか。
この時間に街中や、駅、ショッピングモール、市場などを歩いていると、タイの国歌が流れ、それと同時にあらゆる動きが、
「ピタッ!」
と止まります(中にはちょっと動いている人もいますが(^^;)。
椅子に座っていた人も立ち上がり、直立不動。

私もそうでしたが、初めてタイを訪れた観光客は、一斉のこの周りの変化に最初は、
「何事(・・??」
と、キョロキョロ不思議がりながら従うといった感じでしょうか(^^;。

大都市部の道路を走っている車が止まるという事はないようですが、ちょっとした地方都市位でしたら、車もバイクも国歌が流れ始めると、見事に止まります。

これ程までに国民に敬愛され、人気の高かったプミポン国王。

何気にちょくちょく起こるタイのクーデターの際にも、以前、こちらの記事でも紹介させて頂いたように、これまでは国王の、
「もう、やめなさい。」
の鶴の一声で丸く収まっていたり。

そう言う訳で、しばらくは治安・経済の不安定化なども懸念されているそうですので、渡航される方は、どうぞご注意下さいませ。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/293-a656a3da