アジアの織物 PANDAN TREE blog

アジアのことから身近なことまで、きままブログ
-

インドの目薬大人買い

蒸し暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
気が付けば、ここ暫く、スカッとした青空を見かけていないような気がしますが、早く爽やかな秋の気配を感じたいものですね。

さて、日々パソコン仕事が多い身の上ですが、最近、目の疲れが激増したようで、かすみ目&目がショボショボ・・・(*_*)という状態が続いておりました。
「う~ん、目をスッキリさせたいな~・・・(´・ω・`)。」
と思い、ふと思い出したのがアーユルヴェーダのインド目薬!

これまでも、こちらの記事や、こちらの記事や、こちらの記事や、こちらの記事で紹介させて頂いている程に、
「どんだけインド目薬大好きなの!!」
な状態な訳ですが(^^;、ここ1年以上は日本の市販の目薬で濁していた次第。

でも、ここまで目がショボショボしたら、やっぱりインド目薬の出番ですね!

ということで、久し振りに大人買いしました(*^^*)。

アイトーン&カトラミデ1

上の記事で紹介させて頂いている4種のうち、自分にはカトラミデ(Catramide)が効能&容器的に一番合うようで、それに普段使いに勝手の良い無色透明のアイトーン(ITONE)を今回はチョイス!

アイトーン&カトラミデ2

インドから到着後、早速カトラミデを差して一泣き( ;∀;)してから(体験者なら泣いた理由、お判りですよね( ̄ー ̄))就寝しましたが、やっぱり良いですね!
朝起きた際の目のかすみも起こらず、今も清々しい気持ちでパソコンに向かっています(^_^)。

さて、このカトラミデは、ロータス・ハニーから作られるネットリした黒蜜のような茶色の液体なので、周りに着かないようにちょっと気を付けた方が・・・といった点もあります。
そこで、私的「カトラミデの差し方」を。

1.ティッシュを右目用&左目用と2枚用意します。
2.横になりましょう(カトラミデをノールックで倒れずに置ける場所がある所にね)。
3.ティッシュを迅速にパッと取れる場所(お腹の上など)に準備して、カトラミデを差します。
4.刺激と共に涙が出始めるので、ティッシュを目尻に添えて涙を受け止めつつ、そのまま落ち着くまで刺激を堪能します。落ち着き始めたら、すぐに拭き取らず、暫く眼球を色々な方向に動かして、カトラミデを行き渡らせます。この数分間は、好きな音楽を口ずさんでいても宜しいでしょう。想い出に耽っても良いでしょう。滴り落ちる涙の温かさにシミジミするのも良いでしょう。
5.刺激が無くなったら、軽く目頭などをティッシュで拭って終了。
6.翌朝、あら不思議!スッキリ目となります(^^♪

そんな訳で、目の疲れに悩んでいる方はどうぞお試しあれ♪

実は、東南アジアへの買い付けの際に、ふとインド目薬を思い出してインド人街で探してみたりもしたのですが、残念ながら見つからず(T_T)。
加えて、優秀なアジアコスメが豊富なタイやインドネシアですが、不思議と目薬の分野では特には目ぼしい物が作られていない模様(´・ω・`)。
飲んでもOK!・・・な、一家に一個のバリ島の万能薬ボカシ・オイルも、目には使っちゃいけないようだしなぁ~・・・(´-ω-`)。

・・・と、そんな訳で、今回もインド・ゴアの「サフランロード」さんに通販させて頂きました。

もちろん、目薬以外にも様々なアーユルヴェーダ製品が取り揃えられておりますので、もし宜しかったらどうぞ♪

で、目薬以外に、私的に欠かせないのがこちらの銅製のタング・クリーナー(タング・スクレーパー)。

タング・クリーナー2

よく、歯ブラシの裏に舌苔お掃除用の舌ブラシ(?)的な造作が付いている物や、プラスチック製のタング・クリーナーなどがありますが、このタング・クリーナーは2~3回軽くこするだけで、スッキリする優れもの!
あまりゴシゴシと力を入れて舌を掃除するのは、却って身体に悪いそうですので、この軽い力加減で掃除ができるというのはアリガタイもの。

加えて、銅はアーユルヴェーダにおいて身体に良いとされているそうで、この「サフランロード」さんには純銅製と銅メッキの2種販売されております。

タング・クリーナー1

という訳で、今回は個人的に欠かせないインドの品を紹介させて頂きました。
インド目薬のお陰ですっきりとした目で、今日もパソコン作業に励みたいと思います(^_^)v。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/290-d1729a83