アジアの織物 PANDAN TREE blog

アジアのことから身近なことまで、きままブログ
-

織物の中のモチーフ【アクセサリー文】

ここ数日、突然の豪雨に見舞われることの多いここ神奈川ですが、皆さんの地域はいかがでしょうか?
台風も2個同時に発生したようですし、夏休みということで水辺にお出掛けという機会も多いかと思いますので、どうぞお気を付け下さいませ。

さて、今日は久し振りに「織物の中のモチーフ」シリーズを。

現在、オリジナルアクセサリーUPの準備という事もあり、頭の中はアクセサリー一色(^^;。
という事で、今回のお題は「アクセサリー文」に致しますね。

世の中には様々なアクセサリーが有りますが、私の大好きなスンバ島イカットの中に登場するアクセサリーは、ヌサトゥンガラ・エリア特有の物が殆どであったりします。

代表的なものとしては、以前、こちらの記事でもご紹介した「マムリ」。

スンバ島マムリ

大きさや素材は色々で、中には人物・動物などがデザインされている物もあって、それぞれに味わいがあります。
スンバ島では今も女性のシンボル&お守り、厄病除けとしてマムリは崇められており、現在でも結納品として贈られています。

マムリにはシャーマンなどによる儀式を経ることによって祖霊マラプの魂が宿り、超自然的な力をともなうと考えられており、使用していない時には、家の中で聖なる場所とされるトンガリ屋根の部分に保管されているそうです。

イカットの中ではメインのモチーフとしてあしらわれたり、

スンバ島イカットの中のマムリ1

サイドに連なるようにあしらわれたり、

スンバ島イカットの中のマムリ2

と、様々です。

マムリと同様に女性のシンボル&お守りとしては、マランガと呼ばれるアクセサリーもあり、

スンバ島マランガ

同じく、時折イカットの中にあしらわれることが有りますが、

スンバ島イカットの中のマランガ

このマムリとマランガのデザインに共通の事柄は、女性の子宮を象っているという事。
それ故に、女性のお守りとして島では崇められています。

町の中にある碑や、

スンバ島の街の中のマムリ

伝統村の石碑にも登場する程、

スンバ島石碑の中のマムリ

島民にとっては特別な存在と言えるかと思います。

その他のアクセサリーとしては、耳飾りなどもイカットの中に登場しますが、

スンバ島イカットの中の耳飾り

上のイカットは、耳飾りと共に女性の守り神とも伝えられる蛇の這い跡がサイドに幾何学的に織りこまれており、まさに女性のためのイカットと言っても良いかもしれません。

こうした耳飾りは、通常の私達の感覚の耳飾りよりは、重量&大きさ共にボリューム感がある物が多く、実際に耳飾りとして日本の巷で使用するには二の足を踏むかも・・・しれません(^^;。
マムリやマランガも小振りの物は耳飾りとされる事もあるようですが、実質的には中央の穴に紐やチェーンを通してペンダントとして使用したり、インテリアとして飾ってみたりといった方が私達には良いかもしれませんね。

女性の方のお守りとして、こうしたアクセサリー文の織り込まれているイカットを飾るのもオツですね(*^^*)。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/255-cccbc38c