FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

織物の中のモチーフ【子宝祈願】

梅雨真っ只中の今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
そろそろ、久し振りに青空&太陽を望みたいところですね。

さて先日、友達に子宝祈願という事で、天然石のブレスレットを作ってプレゼントしたのですが、
「あっ、そう言えば子宝祈願の文様が織り込まれた織物も一緒に贈れば良かったなぁ~。」
などと、後で思い出した次第。

そんな訳で、今日は「子宝祈願」の文様についてのお話しを。

一言に「子宝祈願」の文様と言いましても、様々な地域にそれぞれ子宝の願いが託された文様がありますが、今回はラオス周辺での子宝祈願文様をご紹介したいと思います。

ラオスには、かつて300種類程の織り文様があったとされますが、現在受け継がれている織り文様の中にも、多くの子宝に恵まれるようにとの願いが込められた文様があります。

例えば、こちらのシホー(半象半獅子)の文様もその一つ。

子宝祈願文様2

とは言いましても、シホーそのものが子宝祈願の文様という訳ではなく(シホー自体は悪魔大王を退治した伝説の人物シンサイを助けた神話上の動物)、このシホーなどの聖なる動物のお腹の中に、さらに小さい動物や人物などを織りこんだ文様が、子宝祈願の文様とされます。

上の織物はシホーのお腹の中にシホーが織り込まれていますが、モムやホンなどの神話上の鳥や、

子宝祈願文様1

ナークと呼ばれる蛇が織り込まれる事もあります(下の画像のナークは双頭の蛇として織り込まれています)。

子宝祈願文様3

ナーク自体も多産の意味合いが込められているので、ダブル祈願といった感じでしょうか。

その他、前回の「織物の中のモチーフ」でご紹介したタントラにも、多産の願いが込められています。

こうした織物が含む文様の意味合いを踏まえながら贈り物に・・・というのも、物と共に心も贈っているようで素敵ですね(^^)。

さて、様々な文様をこれまでご紹介してきましたが、時折、モチーフの実態を伺っても「???」な事があったりします・・・。

モチーフの意味合いが「???」なのではなく、実態が「???」・・・なんです(-_-;)。

最近の例で言うと・・・、

これ↓、何に見えますか?

ロケット文様

持ち主さん曰く、「ロケット」だそう。

パッと見た瞬間、ロケットに見えたものの、「いやいや仏塔とかでしょう~」と考えを改め伺ったものの、
「ロケットよ」
との事。

タイやラオスでは雨乞いの儀式のような意味合いでミサイル的な手作りロケットが打ち上げられるロケット祭りが行われ、それに因んでロケットが織物にも時折あしらわれますが、こちらのロケットには人間も搭乗の様子(-_-;)。

飛行機やヘリが織り込まれた織物の存在は知っていましたが・・・、人の乗ったロケットは初でした・・・(-_-;)。

機を見てPANDAN TREEに商品として掲載する予定ですが・・・どう説明しましょう・・・(-_-;)。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:https://pandantree.blog.fc2.com/tb.php/252-46cd4c47