FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

PenglipuranとCem-cemとJamu

だいぶ寒さも増してきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ちょっと前までの猛暑に体が油断をしていたのか、ちょっと喉がイガイガしたりと体調管理が難しい今日この頃。
風邪薬を飲むほどでもないしなぁ~・・・といったそんな時、ふと作るのがちょっと薬膳的な感じもする自己流ティー。
紅茶にたっぷりの生姜・・・と、ここまでは母に教わった味なのですが、+αをする癖のある私は、その後、クコ・黒糖or蜂蜜・シナモンなど周りにあった体に良さそうな物をドンドン加えて自己流に作るようになりました( ̄▽ ̄)。
身体がポカポカになり、これが個人的には風邪気味撃退!の必須アイテムだったりします。

さて、地域によって滋養に良いと昔から伝わり根付いている物は様々ですが、そうした各地によってのバラエティもまた楽しいもの。

例えば、インドネシア版漢方と言われるジャムウ(Jamu)。

時には町なかにジャムウのドリンク・スタンドがあったり、市場にはジャムウ売りのお母さんがいたり。
薬局やスーパーに行くと、袋や箱に入ったレトロなパッケージがツボにはまる各種効能のジャムウが沢山。
ジャムゥ

人気のスリミングティーも、気が付けばあらジャムウ。
ジャムゥ・スリミングティー

食べ物だけでなく、一家に一個の万能薬と言われるボカシオイルも、あらジャムウ。
ジャムゥ・ボカシオイル

その他にも石鹸・シャンプー・コスメなどなど...。
そんな訳で、インドネシア滞在中は知らないうちにジャムウのお世話になっている事が多々あったりします。

さて、ジャムウ・ドリンクについてですが、物によっては、
「何が入っているか分からないから、ちょっと怖いな・・・」
と思われる場合もあるかもしれませんが、色々と種類もあるので試してみても楽しいと思います。

そんな中、ご紹介したいのが、プンリプラン(パンリプラン/Penglipuran)村特産のジャムウ・ドリンクLoloh Cem-cem。
パンリプランのチャムチャム

Lolohがバリ語でJamuの意味らしく、“チャムチャムのジャムウ”となるのですが、このチャムチャムとはタマゴノキに似た植物らしく・・・とは言ってもタマゴノキが残念ながらピンとこないのですが(^^;、ウルシ科の植物らしく、その葉が緑色の正体らしいです。
そこにシナモンやらキンマの葉やら、その他にも何種かの葉、ココナッツウォーター、パームシュガーなどが加えられております。

上の画像でも分かる様に、ココナッツの白い実の部分も大胆に刻んで浮かんでいて、飲んでみると微かにしょっぱい!・・・と驚かれると思います。
はい、塩も入っております・・・。

村内の至る所で販売されているので、常夏の島の旅で疲れた際などは飲んでみてはいかがでしょうか?

さて、このチャムチャムの作られているプンリプラン(パンリプラン/Penglipuran)村は、2015-2016年にCN Travelerという旅行雑誌のロシア版で“世界で最も美しい村”の一つに選ばれました。

段々状の村の造りはトゥガナン村に似ており、道を挟んで民家が並んでいます。

プンリプランは国内でもTVやCMの撮影で使われる事もあるそうで、インドネシアの人々にも人気の観光地となっております。
私が訪れた時は、こんな賑わい(^^;。
パンリプランの街並み

その人だかりの中に、また人だかりが出来ていたので、
「どうしたの?」
と通りすがりの人に聞いた所、
「有名なミュージシャンが来てるんだよ~」
との事。

家族旅行中らしく、服装的にハードロック系の方なのかな?といった感じでしたが、多分インドネシアの音楽事情に詳しかったら分かったんだろうなぁ~・・・と、ちょっと残念(´-ω-`)。

因みに、ガイドブックではパンリプランと書かれている事が多いですが、こちらはインドネシア語。
で、プンリプランがバリ語だそうです。
ガイドブックを見ながらバリっ子のドライバーさんに、
「パンリプランに行ってみたいんだけど」
といった所、
「あぁ、プンリプランね」
と言い替えられたので、アレッと思ったのですが、どちらでも通じますのでご安心を。
悩んだら、
“ぷぁんりぷらん”
・・・などと勢いで誤魔化すのも宜しいかと思います( ̄▽ ̄)。

さて、そんなジャムウ。
日本の家庭では作れないものかと思っていた所、帰りの空港の本屋で見付けました、ジャムウの本を!
ジャムゥ本1

早速、搭乗の待ち時間に読んでみると・・・こんな文字が・・・。
ジャムゥ本2

衝撃のスプライト!

う~~ん、そうきたか(´-ω-`)。
奥が深いジャムウの世界・・・。

スポンサーサイト
-

バリで飲むコーヒーは...

梅雨を前に、爽やかなお天気続きとなっているここ神奈川ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、夏までには仕上げようと作業をしてきたHPリニューアルですが、ようやく目処が立って6月内にはリニューアル第一弾としてお目見えできるか・・・な?・・・といった感じです。

リニューアル後に追加予定の点もありますが、まずは大まかな部分は完成間近!
・・・が、それに比例するように肩凝りも急上昇中(+o+)で、ボカシ・オイルを肩に塗りながらパソコン作業をしている今日この頃です。

で、疲れが溜まってくるとふと飲みたくなるのが、甘~いホワイトコーヒー。

ホワイトコーヒー

普段は本当に甘い物が超苦手で、コーヒーもブラックで飲んでいるのですが、この甘~いホワイトコーヒーに手を出している姿を、我がツレは私のお疲れ度のバロメーターにしているようで、急に気遣わし気になったりします(^^;。

バリでコーヒーと言えばバリ・コピが有名ですが、最近はバリのお家にお邪魔すると、このホワイトコーヒーでおもてなしされる事も多くなったような気がします。

元々がマレーシア発祥だそうで、インドネシアでもスーパーに行くと色々な種類のホワイトコーヒーにお目にかかれますが、その中にLuwakと書かれたホワイトコーヒーがあります。

Luwakはジャコウネコの事で、

ジャコウネコ

この可愛いジャコウネコ君が美味しいコーヒーの実を選んで食べるのだとか。

コーヒー豆

そこにジャコウネコの香りが云々...という付加価値もプラスされるそうで、この糞から採れるコピ・ルアックは希少価値がある事で知られています。

で、このLuwakと書かれたホワイトコーヒーを手に取って、
「あれ?コピ・ルアックが使われてるの?」
などと話していた所、横で会話を小耳にはさんでいたらしい品出し中の店員さんが、首を横に振りながら力強く、
「No Luwak !!」
と。
「えっ?ルアックじゃないの?」
「No~~~!!」
だそうです。

どうやらブランド名(メーカー名)のような感じで、コピ・ルアックは使われていないようですね。
何となく紛らわしいLuwakブランドです(´・ω・`)。

そんなこんなで、バビ・グリンの有名店イブ・オカの3号店に行った際に、通りすがりにあったカフェ「The Joker Espresso Bar」でコピ・ルアックが干されているのを見掛けたので、ちょっと一杯注文してみました。

ウブドのコーヒーショップ1
(この小道を真っ直ぐ進むと、イブ・オカの3号店に到着。)

ウブドのコーヒーショップ2

バビ・グリンで残っていたお口のこってり感を、程良く中和してくれる感じも良いですね~。

ウブドのコーヒーショップ5
(一杯 Rp50,000 お菓子付き)

イブ・オカ目指して小道を行き交う人達も多くいる中なのですが、色々と説明してくれながらオーナーさんがじっくりとコーヒーを淹れてくれるのを眺めていると、不思議とゆったりとした時間が流れている感じがまたオツ。

ウブドのコーヒーショップ3

で、こちらはキンタマーニ産のアラビカ種のルアックだそうで、my 土産に買ってきて楽しんでおります。
(100g Rp300,000)

コピ・ルアック以外のバリのコーヒーの事も親切に教えてくれる優しいオーナーさんなので、宜しかったらどうぞお立ち寄り下さい♪
(ちょっと写真がピンボケになっちゃいました(^^;。)
ウブドのコーヒーショップ4

-

椰子の編み皿インカ(Ingka)

つい先日雪が降り、桜が満開になったかと思っていたら、気が付けば初夏のような爽やかな陽気続き。
目まぐるしく季節が変わっていく今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

さて、最近はサイトのリニューアル作業続きで、頭がパツパツになってしまっている状態( ;∀;)。
そんな仕事が煮詰まった時の私の気分転換の一つが「料理」。
「料理」といっても、食べる方ではなく作る方。
たまに、なんの予告もなくあまり有名ではない各国料理を作ったりしているので、
「これは・・・何処の料理(?_?)??」
と、ツレが不思議そうな顔で食べていたりします・・・。

そんなこんなで、訪れた先で食べた物や使われている道具などに注目して、ひっそり購入して来て家で真似たりするのですが、我が家ではこれからのシーズンはエスニック料理が大活躍。

そこで登場するのが、このお皿↓

バリ島編み皿インカ(Ingka)2

そう、バリ島の食堂などで食事をするとよく見かけるこの編み皿。
イメージ的にはチャンプルー屋さんやバビグリン屋さんなど、地元の皆さんが(も?)行き交う庶民的なお店で登場する事が多い気がしますが、

バビグリン

その名もインカ(Ingka)と言います。
(・・・が、発音的には私の耳にはインコゥっぽく聞こえます・・・。ウンドゥッ発音問題の再来ですね(^^;。)

このインカ、材料は椰子の葉の軸?と言うんでしょうか、葉に挟まれた茎?と言うんでしょうか、その部分で作られるそうですが、不思議なもので、このインカで料理を出してくれたりすると南国気分がグンと上がり、陶器のお皿よりも大好きだったりします。

バナナの葉を敷いて・・・といったシチュエーションも好きなのですが、

椰子の葉のトレイ

ここ神奈川でバナナの生葉を気軽に手に入れるのは・・・無理・・・だよね(-_-;)。
という事で、代わりにまとめ買いをしてきているインカ用の紙を使用。

バリの編み皿インカ(ingka)

これからグングン暑くなってくると、自己流のなんちゃってサテ・イカンが登場する回数が我が家では増えますが、こうしたインカに盛り付けたエスニック料理でパワーを得て、来たる猛暑を乗り切っていこうかと思います。

気軽にバリ風情を楽しめるインカは非常に軽い物ですし、ジェンガラやタバナンなどの陶器(われもの)の食器よりも気楽に持ち帰える事が出来るのもありがたい点。
市場やスーパーで手軽に手に入りますので、お土産にも良いと思いますよ♪

-

エスニック料理と唐辛子

厳しい寒さが続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
こう寒い日が続くと、春の到来が待ち遠しいですね。

さて、寒い日には温かい食べ物で体もポカポカとさせたいもの。
・・・が、実は私、体をポカポカさせる食べ物の一つ唐辛子系の辛さが苦手だったりします(;^_^A。

エスニックには唐辛子がつきもの。
唐辛子

昔からアジア好きで旅行をしていたので、周りの友達からは、
「アジアで色々美味しそうな物が食べられて羨ましいねぇ~」
なんてよく言われるんですけどね・・・(=_=;)。

もちろん、エスニック料理は大好き♪
パクチーなどは大好物でこんもり盛るように食べたりするし、クミン、クローブ、ナツメグ、ターメリック、胡椒などなどのスパイス類は大好き。
ナンプラー&ヌクマム&トゥラシなどの臭い物系の調味料も大好きで、料理に必要がなくてもレシピに勝手にアレンジして入れてしまうくらいなのですが・・・辛さだけは別物。
程々の辛さの物は頑張って食べたりしていますが・・・、でもそれを超えた辛さは苦手なんです(;><)。

東南アジアの品々を扱っているお店を運営してるのにね、不思議なもんです(;^_^A。

そんなこんなで、程々の辛さの物を、
「辛い~、辛い~!」
と食べている私を見て、友達に、
「向こうで大丈夫なの(^_^;)?」
なんて言われてしまったり・・・。

なので、向こうで食事をする時は、辛そうな物を避けたり、お店の人に確認したり、辛さ調節してもらったりしているのですが、うっかり辛い物をオーダーしてしまった場合は、汗をかきながらヒ~ヒ~と食べたりしています(^。^;)。
これ(↓)なんかも、目の前に到着してから、
エスニック料理
「あ、唐辛子が野菜ばりに入れられている・・・(=_=;)」
と気付いたものの、後の祭り。
ナシゴレン自体も激辛で、汗をかきながらの食事となりました・・・。

おまけに女のくせに甘い物全般も苦手。
因みに、酢豚にパイナップルやポテトサラダにレーズンは許せない派です!
(ポテトサラダといえば、ポテトを皮ごと茹でて、ちょっとマッシュして、塩コショウ&マヨネーズ少々とパクチーたっぷりをあえたポテトサラダは簡単激ウマです!お試しあれ♪)
なので、甘辛い味付けが多いタイ料理には正直悩まされることもあったり。
そんな時は、ナンプラーを上がけして誤魔化して食べたりしています(^_^ゞ。

そういう事で、甘辛い物が多いタイ料理よりもインドネシア料理やラオス料理のほうが口に合うのですが、不思議なもので山葵や辛子のようなツ~ンと鼻に抜ける系の辛さは大好き♪

向こうの人にとっては、山葵の辛さは珍しいようで、日本から山葵味のお菓子なんかを持っていくと面白がったり喜ばれたりします。

そんな訳で、短期間の買い付けの場合は日本の味などは特には持っていかないのですが、長期間の場合はインスタント味噌汁と柿ピー山葵味が旅のお供のPANDAN TREE店主だったりします♪

-

ビニール袋でちょっと一息

暑さ寒さも彼岸まで・・・とは言いますが、気温の乱高下が激しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
なかなか春真っ盛りとはなりきれない気候続きですが、どうぞお体にお気を付け下さいませ。

さて、日本ではあまり見かけないけれど、アジア旅に出るとよく見るスタイルがあります。
例えばこれ↓
ビニールジュース1

ビニール袋入りジュース・・・略してビニジュー♪(命名:私)。

最近では、私達に御馴染みのプラスチックカップ入り↓が増えてきましたが、
ビニールジュース4

それでも、屋台や地元の人で賑わう食堂(の持ち帰り用)、乗り物の発着場所など、地元の人々で賑わっている所ではまだまだビニジューは健在!
このビニジューを飲んでいる人や、ぶら下げて歩いている人を見ると、
「あ~、アジアに来たな~ヽ(´▽`)ノ」
・・・と、シミジミ感じます。

最初は私も、
「氷大丈夫かな~・・・?お腹壊しちゃうかな~・・・?」
と、不安も少々ありましたが、
「体も頑丈なほうだし、みんな美味しそうに飲んでるし・・・、ま、大丈夫でしょう!」
と、ある日片田舎で長距離バスを待っている間に飲んでみてからというもの、気が付けば普通に利用するようになっていました。

中身は市販のビビットな原色のジュース(昔のファンタのような色)や、馴染みのコーラなどの炭酸飲料を入れた簡単な物が大部分ですが、その地の特産品(柑橘・ハーブティー・コーヒー)などで作ったお手製のものなどもあり、なかなか侮れない場合があります。

で、こちらはラオス名産のコーヒー↓
ビニールジュース3

ちゃんと、売り子のおばさんが淹れたもの♪

氷が多いので、
「薄まっちゃう前に飲まなきゃ~っ!」
な部分もありましたが(;^_^A、さすがコーヒーの名産地、結構なお味です。

でも、凄いところはホットコーヒーでもビニール袋に入れちゃうところ!
大丈夫なのかな~?・・・と思いながら眺めていると、結構大丈夫なものなんですよね。
そういえば、アツアツの汁麺なんかもビニール袋に入れて普通にテイクアウトしてますね。

そんな訳で、アジア名物(?)麗しのビニジュー。
(お腹に自信の無い人以外は)バス旅のお供に、一杯どうぞ♪
ビニールジュース2


このカテゴリーに該当する記事はありません。