アジアの織物 PANDAN TREE blog

アジアのことから身近なことまで、きままブログ
-

椰子の編み皿インカ(Ingka)

つい先日雪が降り、桜が満開になったかと思っていたら、気が付けば初夏のような爽やかな陽気続き。
目まぐるしく季節が変わっていく今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

さて、最近はサイトのリニューアル作業続きで、頭がパツパツになってしまっている状態( ;∀;)。
そんな仕事が煮詰まった時の私の気分転換の一つが「料理」。
「料理」といっても、食べる方ではなく作る方。
たまに、なんの予告もなくあまり有名ではない各国料理を作ったりしているので、
「これは・・・何処の料理(?_?)??」
と、ツレが不思議そうな顔で食べていたりします・・・。

そんなこんなで、訪れた先で食べた物や使われている道具などに注目して、ひっそり購入して来て家で真似たりするのですが、我が家ではこれからのシーズンはエスニック料理が大活躍。

そこで登場するのが、このお皿↓

バリ島編み皿インカ(Ingka)2

そう、バリ島の食堂などで食事をするとよく見かけるこの編み皿。
イメージ的にはチャンプルー屋さんやバビグリン屋さんなどで登場する事が多い気がしますが、

バビグリン

その名もインカ(Ingka)と言います。
(・・・が、発音的には私の耳にはインコゥっぽく聞こえます・・・。ウンドゥッ発音問題の再来ですね(^^;。)

このインカ、材料は椰子の葉の軸?と言うんでしょうか、葉に挟まれた茎?と言うんでしょうか、その部分で作られるそうですが、不思議なもので、このインカで料理を出してくれたりすると南国気分がグンと上がり、陶器のお皿よりも大好きだったりします。

バナナの葉を敷いて・・・といったシチュエーションも好きなのですが、

椰子の葉のトレイ

ここ神奈川でバナナの生葉を気軽に手に入れるのは・・・無理・・・だよね(-_-;)。
という事で、代わりにまとめ買いをしてきているインカ用の紙を使用。

バリの編み皿インカ(ingka)

これからグングン暑くなってくると、自己流のなんちゃってサテ・イカンが登場する回数が我が家では増えますが、こうしたインカに盛り付けたエスニック料理でパワーを得て、来たる猛暑を乗り切っていこうかと思います。

気軽にバリ風情を楽しめるインカは非常に軽い物ですし、ジェンガラやタバナンなどの陶器(われもの)の食器よりも気楽に持ち帰える事が出来るのもありがたい点。
市場やスーパーで手軽に手に入りますので、お土産にも良いと思いますよ♪

スポンサーサイト
-

エスニック料理と唐辛子

厳しい寒さが続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
こう寒い日が続くと、春の到来が待ち遠しいですね。

さて、寒い日には温かい食べ物で体もポカポカとさせたいもの。
・・・が、実は私、体をポカポカさせる食べ物の一つ唐辛子系の辛さが苦手だったりします(;^_^A。

エスニックには唐辛子がつきもの。
唐辛子

昔からアジア好きで旅行をしていたので、周りの友達からは、
「アジアで色々美味しそうな物が食べられて羨ましいねぇ~」
なんてよく言われるんですけどね・・・(=_=;)。

もちろん、エスニック料理は大好き♪
パクチーなどは大好物でこんもり盛るように食べたりするし、クミン、クローブ、ナツメグ、ターメリック、胡椒などなどのスパイス類は大好き。
ナンプラー&ヌクマム&トゥラシなどの臭い物系の調味料も大好きで、料理に必要がなくてもレシピに勝手にアレンジして入れてしまうくらいなのですが・・・辛さだけは別物。
程々の辛さの物は頑張って食べたりしていますが・・・、でもそれを超えた辛さは苦手なんです(;><)。

東南アジアの品々を扱っているお店を運営してるのにね、不思議なもんです(;^_^A。

そんなこんなで、程々の辛さの物を、
「辛い~、辛い~!」
と食べている私を見て、友達に、
「向こうで大丈夫なの(^_^;)?」
なんて言われてしまったり・・・。

なので、向こうで食事をする時は、辛そうな物を避けたり、お店の人に確認したり、辛さ調節してもらったりしているのですが、うっかり辛い物をオーダーしてしまった場合は、汗をかきながらヒ~ヒ~と食べたりしています(^。^;)。
これ(↓)なんかも、目の前に到着してから、
エスニック料理
「あ、唐辛子が野菜ばりに入れられている・・・(=_=;)」
と気付いたものの、後の祭り。
ナシゴレン自体も激辛で、汗をかきながらの食事となりました・・・。

おまけに女のくせに甘い物全般も苦手。
因みに、酢豚にパイナップルやポテトサラダにレーズンは許せない派です!
(ポテトサラダといえば、ポテトを皮ごと茹でて、ちょっとマッシュして、塩コショウ&マヨネーズ少々とパクチーたっぷりをあえたポテトサラダは簡単激ウマです!お試しあれ♪)
なので、甘辛い味付けが多いタイ料理には正直悩まされることもあったり。
そんな時は、ナンプラーを上がけして誤魔化して食べたりしています(^_^ゞ。

そういう事で、甘辛い物が多いタイ料理よりもインドネシア料理やラオス料理のほうが口に合うのですが、不思議なもので山葵や辛子のようなツ~ンと鼻に抜ける系の辛さは大好き♪

向こうの人にとっては、山葵の辛さは珍しいようで、日本から山葵味のお菓子なんかを持っていくと面白がったり喜ばれたりします。

そんな訳で、短期間の買い付けの場合は日本の味などは特には持っていかないのですが、長期間の場合はインスタント味噌汁と柿ピー山葵味が旅のお供のPANDAN TREE店主だったりします♪

-

ビニール袋でちょっと一息

暑さ寒さも彼岸まで・・・とは言いますが、気温の乱高下が激しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
なかなか春真っ盛りとはなりきれない気候続きですが、どうぞお体にお気を付け下さいませ。

さて、日本ではあまり見かけないけれど、アジア旅に出るとよく見るスタイルがあります。
例えばこれ↓
ビニールジュース1

ビニール袋入りジュース・・・略してビニジュー♪(命名:私)。

最近では、私達に御馴染みのプラスチックカップ入り↓が増えてきましたが、
ビニールジュース4

それでも、屋台や地元の人で賑わう食堂(の持ち帰り用)、乗り物の発着場所など、地元の人々で賑わっている所ではまだまだビニジューは健在!
このビニジューを飲んでいる人や、ぶら下げて歩いている人を見ると、
「あ~、アジアに来たな~ヽ(´▽`)ノ」
・・・と、シミジミ感じます。

最初は私も、
「氷大丈夫かな~・・・?お腹壊しちゃうかな~・・・?」
と、不安も少々ありましたが、
「体も頑丈なほうだし、みんな美味しそうに飲んでるし・・・、ま、大丈夫でしょう!」
と、ある日片田舎で長距離バスを待っている間に飲んでみてからというもの、気が付けば普通に利用するようになっていました。

中身は市販のビビットな原色のジュース(昔のファンタのような色)や、馴染みのコーラなどの炭酸飲料を入れた簡単な物が大部分ですが、その地の特産品(柑橘・ハーブティー・コーヒー)などで作ったお手製のものなどもあり、なかなか侮れない場合があります。

で、こちらはラオス名産のコーヒー↓
ビニールジュース3

ちゃんと、売り子のおばさんが淹れたもの♪

氷が多いので、
「薄まっちゃう前に飲まなきゃ~っ!」
な部分もありましたが(;^_^A、さすがコーヒーの名産地、結構なお味です。

でも、凄いところはホットコーヒーでもビニール袋に入れちゃうところ!
大丈夫なのかな~?・・・と思いながら眺めていると、結構大丈夫なものなんですよね。
そういえば、アツアツの汁麺なんかもビニール袋に入れて普通にテイクアウトしてますね。

そんな訳で、アジア名物(?)麗しのビニジュー。
(お腹に自信の無い人以外は)バス旅のお供に、一杯どうぞ♪
ビニールジュース2


-

エスニック食材

だいぶ寒さも増してきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
地域によっては雪の降り始めた地域もあるそうですが、どうぞお体にお気を付け下さいませm(_ _)m。

さて、「パンダン・ツリー」も年末に向け新作アクセサリーを張り切って制作中です!
今回は天然石の持つ魅力をより一層お楽しみ頂けるように、彩り豊かな大粒タンブルなどを多用して制作しております。
テーマは・・・
「寒い冬を吹き飛ばせ(*^-^*)!」

冬になるとモノトーン調の装いになることが多いものですが、そんな時にキラリとアクセントになるよう、華やかな色合いの物が盛り沢山になるかと思います。
12月上旬にはアップしたいと頑張っておりますので、どうぞお楽しみに!

さて、アジアの織物などの他、料理もエスニック物が好きな私ですが、時折アジア食材を買い出しに中華街の食材屋さんへ向かいます。
中華街とはいえ、このお店(中国貿易公司)は東南アジア物や各種お茶なども品揃えが多く、訪れると思わず毎度テンション上がり気味に(;^_^A。

今回は麺類の他、

エスニック食材

ここ数年愛飲のマテ茶、インドのお菓子、シルクロードの町で作られたのかな?のグリーンレーズンなどを購入。

特にハーブティーの品揃えはかなり豊富ですのでお勧めですよv(^-^)v。

さて、色々買い出して満足気味に桜木町方面へ散歩がてら向かうと、時折りしもAPEC最終日。

座間キャンプと厚木基地の中間にある我が家のエリアでも、かなり前から各地からの応援の警官が警邏にあたっているのが見られ、自転車警邏している制服の背中には三重県警やら和歌山県警といった文字が見えたりしていたのですが、みなとみらい地区の警官の多さには圧倒されました!
もう、多過ぎ・・・。
警察車両も数多く(この写真では上手く写ってませんが)かなりビカビカにライトが点滅しており、物々しさ満々です。
APEC警備

この全国から大量に集められた警官さん達は、一体何処に泊まっていたんでしょうね?
などと、変なところが気になった私でした"r(^_^;)。

-

市場大好き!

アジアの市場が大好きっ!
と、頭から宣言してしまいましたが、アジアの市場に行くとワクワクしてしまう人も多いかと思います。
私の場合は、空いた時間があると生鮮市場を覗きに行きたくなるから不思議なものです。

旅行者の身で鮮魚などのナマモノを買って宿に戻ることは無理なので(^_^;)、大人しく果物やちょっとしたオヤツなどを買う程度で、あとは
「あれは、何?」
「これは、何?」
と強烈な匂いにフラフラになりながら、フラフラ市場散策。

もちろん土地柄で品揃えは違う訳ですが、例えばラオスなら、
バゲット↓
ラオスの血の固まり
外はカリカリ、中はムッチリで、そこらの日本のパン屋さんのバゲットより美味しいです!
(で、このバゲットで作ってくれるアジアンテイストなサンドがまた美味しい!)
ヌードル類ももちろん美味しい!
よく分からないお菓子も、ええぇい食べちゃえっ!

・・・と、こういう風に後先考えずに食べちゃうから、(前回の話題のように)お腹を壊しちゃうんでしょうね(;^_^A。

で、日本ではお目にかからない物も見かけるのですが、バナナの花などもアジアでは立派な食材。
そして、こんな食材も・・・。↓
ラオスのバゲット
豚などの血をゼリー状に固めた物らしいのですが、こちらはまだ試したことがありません・・・。
ちょっと使い方を聞いてみたのですが、カタコトだったもので詳しくは分からず仕舞い(T-T)。
今度行ったら再度聞いてみようと思いますm(_ _)m。

(追記:ある時、ラオスの市場で麺を食べていた際に、この食べ物がレバーのように入っているのを発見。よくよく思い出すと、てっきり普通の臓物だと思っていただけで、何度か食べたことがありました(;^_^A。)

でも、日本のようにスーパーマーケットが殆どになってしまうと、フラリと訪れることが出来る市場が身近にあるアジアの人達が羨ましかったりします。
いいなぁ~、アジアの市場。

このカテゴリーに該当する記事はありません。