FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

お辞儀

清々しい新緑の季節が近づく今日この頃。
…が、巣ごもりをしなければいけない本年度の春ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

これまで当たり前だったことがコロナで一変してしまい、なかなか困った状態が続きますね(~_~;)。

こうした中で必死に働いてくれている医療従事者の皆さんを始め、スーパー・ドラッグストアなどの従業員さん、物流業界の皆さんには、心から感謝をしている次第。
本当にありがとうございます。

ここ神奈川でも緊急事態宣言が出ており、私も出来るだけ外出は控えるように心掛けております。
当店はネットショップという事もあって通勤がない分そうした面での支障は少ないのですが、やはり家族もいるので色々と気を遣う部分もあったり。

そう言えば以前のブログにも、日頃のご注文頂いた品の梱包などの際は手を洗ってから作業に入るようにしており、こういうご時世なので、より一層ゴシゴシと手洗いに気合を入れている旨を書かせて頂きましたが、最近はそれに加えて一層の対策を取って、皆さんに安心して頂けるよう心掛けております。

アクセサリー梱包時には手袋を使ったりもしていますが、趣味で時折染めをしていることもあって使い捨て手袋のパックを持っていたのが、今回の思いがけない幸運♪
何が幸いするか分からないものですね。

という事で、本当に大変な世界になってしまいましたが、上手くリフレッシュを取り入れながら、皆で乗り切りましょうp(^_^)q!

さて、今回のコロナウィルスの蔓延で、収束後にはパラダイムシフトが始まるだろうと言われておりますが、生活習慣でも世界的に大なり小なり起きるのでしょうか?…うん、起きそう!

ハグ&キスからお辞儀へ
室内土足から土禁へ
…などいかがでしょう?

マスクも然り。
日本ではマスク文化が定着しており、東南アジアではバイクの運転手さんが排ガスや埃除けに時折着けていたりでマスク姿を見慣れていますが、欧米ではマスクをしている人=重病者や危険人物といったイメージだそう(^^;。

アメリカにいる姉は万一のために2月のうちからマスクを探していたらしいのですが、その時点では周りにはマスクをしている人は全く見掛けず!
なのに、何処のお店をまわってもマスクは売り切れで、
「何処にも売っていない…。みんな、マスクでも食べているのか(?_?)?!」
などとボヤいていましたが、どうやら在住の中国人が既に買い占めを始めていた模様…。
さすがにしたたかです(^^;。

お辞儀と言えば、日本人はペコペコお辞儀をするなんて印象を持たれますが、ええ、私も海外でもペコリと挨拶をします(ペコペコはしませんが(^^;)。
加えて、人の前を横切る時には、
「えくすきゅ~ずみ~!」
とか、
「ぷるみし~!」
とか言いながら、オジサン的に手刀を切りつつペコリとお辞儀をして通る癖があったりします( ̄▽ ̄)。

海外旅行に行き始めた若い時分には、
「お辞儀は恥ずかしいものなのかなぁ~…(´・ω・`)。」
なんて淡い迷いもありましたが、何だかんだ言ってお辞儀文化って良いと思うんです(^-^)。
ペコペコするのはあれですが(^^;、何かしてもらった際にさりげなく「ありがとう」の言葉と一緒にペコリって可愛い文化だな~…とシミジミ。
それに、ちょっと離れた場所にいる人にも笑顔と一緒にペコリで、国は違えど感謝の気持ちが伝わりますから(^-^)。

そんなこんなで、アジアを見回すと、お辞儀に似たものにタイの「ワイ」がありますが、あのワイもふとしてもらうと可愛いくてありがたい気持ちになりますよね。

時代の流れか、若い人の間ではワイはあまりされなくなってきているといった話も聞きますが、こうしたお国柄が現れる文化はずっと続いてもらいたいものですね♪

ワイ

壁画

-

心も体ものんびりと...

寒さ厳しい日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

・・・と、こういった書き出しから始まる本ブログですが、そんな事を書いている自身がお久し振りにヘビーな風邪に捕まってしまいました・・・とほほ(+_+)。
元来が体が頑丈なほうなので、ここ数年はこれといった風邪を引く事もなかったのですが油断していたんでしょうね・・・。
皆さんも、どうぞお気を付け下さいませ。

そんな訳で、ここ数日は静かな仕事ぶりとなっているのですが、そろそろ本調子に戻りそうですので、アクセサリー作りも再開したいと思います。
前回のブログにも書かせて頂いたのですが、青の天然石で思う存分作りたい!・・・という事で、ベースを作り終わった物々を見ても、かなりのブルー加減♪
青の彩りが大好きな皆さん、どうぞお楽しみに!

という事で、風邪で本調子でなかった1週間程の間に、大人しくとあるエリアの様子や染織について色々と調べたり、ブログ用の写真を眺めたりしていたのですが、その流れで今まで訪れた場所の写真なども振り返って見てみたり・・・。

こうして見ると学生時代の昔から、のんびりとした場所を好んで旅していたようなそんな気がします。

お店を始めてからは、染織といった視点で旅先が決定するようになりましたが、幸いな事に染織やシルバーアクセサリーに縁のある場所はのんびりとした島や街が多く、色々とハードになりがちな仕入れ旅でも、楽しく喉かに過ごすことが出来ているような気がします。

ラオスの風景1

ラオスの風景3

もちろん仕入れの場合は、ある程度の期間に移動三昧となってしまうので、それなりにハードさが伴い体調不良で倒れてしまう事もありますが、喉かさの中で癒されるためか不思議と回復も早いような・・・気のせいでしょうか(^^;?

バリの風景2

近代化が進む東南アジアではありますが、それでも古くからの伝統を垣間見ることが出来て、そうしたシーンにささやかながら触れさせて頂けるのは、本当にありがたい限り。

バリの風景1

早いもので今年もあと1ヶ月弱となりましたが、来年も、その後も、彼の地のそうした風景や情景を感じて頂ける様に、東南アジアの品々を紹介していきたいと思います。

バリの風景3

-

ニッパ椰子とマレー蘭印紀行

気が付けば梅雨間近の今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、オリジナルアクセサリーの在庫が少なくなってきましたので、夏に向けて制作スタートをしております。
今回は通常よりは数を押さえて作ろうかな~・・・と思っておりましたが、気が付けば大量制作になりつつある今日この頃・・・。
ええ、一度始めるとハマってしまう性質なんです。

という訳で、今回は重さがありがちなスピリットロックを考慮して、ワックスコードを編んだネックレスなども準備致しております。

カレンシルバーとワックスコードのネックレス

ネックレス十数本分という事で、気が付けば、20m以上もワックスコードを編んでいたのですが、お陰で指が紐との摩擦で擦れてアイタタタ(+_+)。

マンテル使用のブレスレットも復活予定ですが、デザイン的には夏らしくシンプルで軽めの着け心地といった感じです。

暑さが増す頃までにはUPしたいと思っておりますので、どうぞお楽しみに!

さて、日々パソコンに向かっている時間が長い仕事柄ですが、そんな時は電子書籍ではなく紙の本をゆっくりと読みふけりたくなります。
紙の手触りを感じながら、ペラペラと読み進んでいくのって心と脳の栄養分よね~・・・などと考えながら。

で、最近ふと読みたくなったのが、昔なくした「マレー蘭印紀行」。
知人に貸したら、そのまま戻ってこず・・・の“あるある”な訳ですが、先日Amazonへの注文の際についでにポチッと購入。

久し振りに手にした「マレー蘭印紀行」は・・・表紙が変わっていて、作者の描いた墨絵になっていました。
しみじみと、やはり良書ですね!

マレー蘭印紀行

昔から旅行の際は薄めの本を一冊持って行きますが、この本の良い所は薄手かつ読みごたえあり・旅情etc...と沢山あり、20歳位の頃から旅のお供でした。

で、この本とシンクロするように心に残っているのがフィリピンでの海沿いに並ぶバラックとニッパ椰子の茂る風景。

ニッパ椰子は東南アジア各地のマングローブで見られますが、

ニッパ椰子1

ニッパ椰子2

個人的には、ヒルギなどのマングローブ植物よりも旅情が掻き立てられる植物で、こうした風景を眺めながらニッパ椰子の情景を詠んだ本書を読みふけった事を思い出したり。

気が付けばアジアの織物屋を始めておりましたが、元々がこうした感じで東南アジアが根っから好きだったんでしょうね。

そして、アジアの織物屋を始めてからの視点で改めて「マレー蘭印紀行」を読んでみると、仕入れ旅などで訪れた地名が記載されているのに気付き、昔とはまた別の味わいを感じながらの読書タイムとなっております。

金子光晴さんの他の本も東南アジア旅が大好きな方にはうってつけですので、旅のお供にどうぞ♪

という訳で、今週には梅雨に突入の様子ですが、それに合わせて雨の日近所お出かけ用サンダルにBirkenstockのEVAシリーズを購入。

birkenstock

夏・・・と言うよりも、GW頃から個人的にはサンダル・シーズンがスタートなのですが、トング型デザインって大好きなんですよね~♪
お陰で、足甲には年中トング型日焼け跡が付いてしまっています(^^;。

Birkenstockで思い出すのが、学生時代にも時折このサンダルで授業に出たりしておりましたが、高齢の教授に、
「きっ、君は私の授業にサンダルで出るのかっ(`´)!!」
とすごい剣幕で怒られた事。
タンクトップの子も怒られていたし、荷物の置き場所のない教室で腿の上(お腹の前)にバッグを置いていた友達も、
「君はお腹が痛いのかっ!?」
と怒られキョトン(゜_゜)・・・今となっては良い思い出です( ̄▽ ̄)。

そんなこんなで、気に入ると長年買い替えながらそのメーカーを使い続ける癖があるのですが、このBirkenstockを含めDanner&Merrellなどは長年の旅の友とも言える靴。
特にBirkenstockはこれで8足目という訳で、長い付き合いになっております。

こうやって考えると、本もそうですが必要最低限の荷物で旅に出る癖が付いていると、質が良く・使いやすく・デザイン性に優れ・長く愛用できる物に落ち着きますね。

では、体に気を付けて梅雨&猛暑を乗り切りましょう!

-

高床式住居アイコン第二弾

だいぶ寒さも増してきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は先日UPさせて頂いたティモール島のブナの肩掛けのご紹介を。

ティモール島ブナ織り

ティモール島の織物コーナーへ>>

インドネシアと言えば、現在も各島でつくられている特色あふれる染織が有名ですが、中でも東ヌサトゥンガラ州のティモール島では、地域によって多様な織物がつくられております。

今回UPさせて頂いたブナは、西ティモール南東エリアで40~50年程前に天然染料によってつくられた物。
ブナ(buna)とは西ティモールのこのエリアで縫取り織りでつくられる織物の呼称ですが、東ヌサトゥンガラでつくられる織物は、女性用であっても凛とした力強さが漂う物が多く、私も非常に好きな染織エリアであったりします。

本当に地域ごとにガラリと風合いが変わる事もあり、その多様性には感服しきり!
老若男女、様々な皆様にもヌサトゥンガラの多様な染織文化をお楽しみ頂けたらと存じます。

さて日頃、ご注文頂いた後にお客様から到着のご報告と共にありがたいお言葉をメール頂く事が多々ございますが、昔からリピート頂いているお客様とは布やアクセサリー以外の話しや色々な話しになる事も。

で、先日そうしたお客様から、
「高床式(アイコン)なくなっちゃったんですね・・・。」
と。

高床式アイコンとは、以前、こちらの記事でご紹介させて頂いた、スマホ・サイト用のHOMEアイコン↓

高床式住居アイコン

高床式住居エリアに仕入れに向かう事も多いPANDAN TREE。
なので、当店らしいかなぁ~・・・と思って、以前調子に乗って作った訳ですが(*‘∀‘)、色々なカラーの他のアイコンと共に並べていたこともあり、織物の色彩と喧嘩しちゃい気味にも感じていたので、この夏のサイト・リニューアルで普通のHOMEアイコンに変更してみました。

高床式HOMEアイコン

が、ツレには、
「え~、これだと面白味がないよ~」
と不評・・・(´-ω-`)。

が、この度のメールを頂いて、
「おやっ、気に入ってくれていた方がいらっっしゃったのね~♪」
と嬉しくなり、
「ではっ!」
と、また調子に乗って作ってみました。
今回は、合わせやすいようにモノトーンで( ̄▽ ̄)。

HOMEアイコン

次の数年後のリニューアルまでは、このアイコンでと考えておりますが、いかがでしょう?
という訳で、相変わらず高床式住居に憧れ続けているPANDAN TREE店主でしたm(_ _)m。

高床式住居

さて、最後にオリジナル・アクセサリー・コーナーに関するお知らせですが、リニューアルの為にしばらくの間休止させて頂きます。
オリジナル・アクセサリーのコーナーを初めて、もう10年少々が経ちますが、ちょっと使用素材やデザイン性がマチマチになっていた感もありましたので、今一度作り直してみようかと。

最近は、アジアンシルバー素材とアジャスター用のスターリングシルバーの質感の異なりから組み合わせに悩んでいた事もあって、アジャスターなしでの制作が多かったのですが、ちょっと解決方法も考えてみました。
オリジナル・アクセサリー・コーナーの再開は12月中旬には・・・と考えております。
どうぞお楽しみに♪

他のシルバーアクセサリーや織物は、もちろん、通常通りお買い物出来ますので、どうぞご利用下さいませ(^-^)。

-

Feel the Rubber !

寒い日が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
気が付けば今日から2月。
例年は冬でも比較的過ごしやすいここ神奈川ですが、今も道端には先日の雪の塊が残っていたりで、思わぬ寒さ続きとなっております。

そういう寒い時には、暖かいお話しを・・・と言ってもビーチサンダルのお話しなんですけどね(^^;、今回は私的に欠かせないアイテムのビーサンの話題を一つ。

「ビーサンなんて何でも良いんじゃないの?」
と言われてしまいそうですが、個人的には仕入れ旅の大事なアイテムだったりします。

普段は靴好きであれやこれやと楽しんでおりますが、こと東南アジアではビーサン人間にチェンジ!

織物を探し周る際、足場の悪い地域やマラリア蔓延地を訪れる以外は、一日中ビーサンでペタペタと歩き回っている事も多かったりします。
地元の皆さんもビーサン履きの事が多いですし、郷に入れば郷に従え・・・といった感じもありますが、要は色々とシチュエーション的に丁度良いんですよね。

そのため、歩きやすさがと~っても肝心。
どれだけ肝心かというと、場合によっては仕入れに支障が出る位!
・・・と、ちょっと大げさかもしれませんが(^^;、気持ち的にはその位の勢い。

お店やお宅で織物を見せて頂く際には、履き物を脱いでお邪魔するような板張りのお家もありますが、履いたままピカピカのタイル張りの床に大量の織物を敷き詰めて拝見する場合も多く、そうした際に裸足になりやすいのもメリット
最初は履物を履いたままお邪魔していても、素敵な織物に沢山出会えた際などは、織物魂に火が点き、ついついビーサンを脱いで夢中になってしまう癖があったりします。
実は、履き物を履いていない方が、織物を選ぶ際に便利な場合が結構あるんですよね。
ただ、お店などの場合、裸足&手ぶらで長居していると店員さんだと思われて質問される事もあって、それが難点(^^;。

で、若い頃から長年愛用してきたsarraizienneというフランスメーカーのビーサンがあり、あまりの気に入り様に数足まとめ買いをしていたのですが、いよいよその最後の一足も底が減り、買い足そうと思ったら今はもう日本では販売されていない様子。
・・・ショックです・・・非常にショックです!
気分はビーサン難民(ノД`)・゜・。

そこから私のビーサン探しの日々がスタート。
長時間&数日間、履きっぱなし&歩きっぱなしでも擦れない。疲れない。歩きやすい。厚過ぎずに薄過ぎない。重過ぎずに軽過ぎない。踵がビーサンから浮き上がり過ぎない。
・・・これが理想なんですが、いざ!となると、なかなか理想のビーサンに巡り合えず・・・(-_-;)。

havaianasもちょっとシックリこず、島ぞうりも鼻緒がシックリこず。
参ったな~(´-ω-`)・・・と思っていた時に出会ったのが象マークが目印の「fipper」

Fipperビーチサンダル1

最近は日本でもネットで購入できるようですが、マレーシアやインドネシアではベーシックな物で700円程なのでお手頃です。

何が良いかと言うと、鼻緒部分も擦れず、履いた初日からガンガン歩き回っても無問題。
キャッチコピー「Feel the Rubber !」はまさにその通り♪

Fipperビーチサンダル2

このマレーシアブランドのfipperは、タイの天然ゴムを使用してタイで製造されております。

Fipperビーチサンダル3

マレーシアとタイというと、昔授業で習ったゴム・プランテーションが盛んだった地域ですね。
そんな意味でもゴムの本場と言えるのかもしれませんね。

タグにあった『ウォッシャブル』表記に、
「ウォッシャブルって、ビーサンだし・・・。」
と、思わず突っ込みを入れたくなりましたが(^^;。

Fipperビーチサンダル4

4個買うと1つおまけサービスに釣られて、思わず大量買いしそうになりましたが(^^;、ふと冷静に戻って2足で止めておきました。
旅の拠点の一つバリ島クタ~スミニャックなどでは、それこそわざわざfipperを探して歩かなくてもお店が見つかる程で、いったい何軒あるの(?_?)・・・な状態ですが、ホントお勧めなビーサンです。

わざわざ日本から持って行かなくても、向こうで買って街やビーチを闊歩し、そのまま自分へのお土産としても宜しいのではないでしょうか。

クタビーチ

デザインもヒール有りの女性らしい物などもありますので、どうぞ立ち寄ってみて下さい(^-^)。

・・・と、今回は日本の寒さを吹き飛ばせ!的に常夏の国のビーサンの話題をさせて頂きましたが、そんな中、新商品UPの準備と共に、恒例の数年に一度のリニューアル作業も始めております。
この数年のうちにネットを取り巻く云々も色々変化しているようで、既に頭の中がウニ状態(@_@)。
『さて、どこから手を付けようか・・・。』
と途方に暮れてもいる状態だったりします(^^;。
本当に時代の変化って早いものですね。

オンラインショップを始めて大分たちますが、4~5年程で使用システムが古くなったり、時代に合わせてデザインも変えたくなったり・・・といった事がどうしても生じ、数年毎にリニューアルをしてきましたが、今回は常時SSLを導入するのが第一目的。

で、昨今はネットショップ向けの便利なサービスも増えた事から、そういった面でもガラリと変更し、これまで以上に多様にショッピングを楽しんで頂けるかと思います(^-^)。
どうぞ、お楽しみに♪

このカテゴリーに該当する記事はありません。