FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

織物の中のモチーフ【蠍(さそり)】

寒さ厳しい日が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
1~2月を凌げば春間近の暖かさが始まるかと思うと、本当に待ち遠しいですね。

さて、今回は久し振りに【織物の中のモチーフ】シリーズを。
今回のお題は「蠍(さそり)」。

東南アジアの伝統織物に蠍があしらわれる事は稀なのですが、そんな中で蠍が登場する織物があります。
それは、インドネシア・バリ島トゥガナン村でつくられるグリンシン。

グリンシン5

グリンシンと言えば、世界で三ヵ所でしかつくられていない経緯絣(ダブル・イカット)の一つとして知られておりますが、その中のルーベン(Lubeng)と呼称されるグリンシンに蠍が登場します。

グリンシン3

下の画像のルーベン柄グリンシンは胸に掛けたりといった用途の細身の物のため、十字のうちの二方向が途中までとなりますが、壁で囲まれたような四角の部分がトゥガナン村を表し、そして村を守るように四方の門の前に蠍があしらわれております。

グリンシン4

このルーベンは男性の力強さを表し、トゥガナンを象徴する柄と伝えられます。

そんなグリンシンですが、昨年久し振りに仕入れを行わせて頂きましたので、春頃に当サイトでご紹介できればと準備を始めております。

実はグリンシンの仕入れにはちょっと躊躇というか悩む部分があり(・・・とは言っても悪い意味での躊躇・悩みではないのですが、宜しかったらこちらの記事の後半をお読み下さい)、10年近く振りの訪問、且つサイトでのご紹介までちょっと時間を置いてみました。

因みに、これまで4度トゥガナンを訪れておりますが、またまたまた・・・と、今回もまたもう一つのトゥガナン(Tenganan dauh tukad)に誘導されてしまいました(+_+)。
(詳しくはこちらの記事をどうぞ。)

いや~、目指す方のトゥガナン(Tenganan Pegringsingan)に真っ直ぐ向かえたのがこれまでで、たった1回(^^;。

トゥガナン村

勝率2割5分ってどうなんでしょう~?・・・な感じですが、この3回誘導されてしまった西側のもう一つのトゥガナンに着いて、
「なるほど~!」
と腑に落ちました。

道の途中の『トゥガナン村はこちら』的な看板も立派になった模様で、
「あれ?道でも新しくしたのかな?」
と思わせてくれるし・・・(←もちろん、私の早とちり)。
そして、村の入り口に到着すると見上げる程の大きな「ムカレカレ(トゥガナンのお祭り)」の戦いの写真を載せた大きな看板が。
そんなこんなで、西側のトゥガナン(Tenganan dauh tukad)は、観光客の誘致に益々力を入れている様子です。

個人的にはグリンシンの仕入れの為に訪問しているので、本筋のTenganan Pegringsinganの方へ直で向かってもらいたいのですが(^^;、この西側のTenganan dauh tukadもトゥガナンですし、Tenganan Pegringsinganよりも喉かで村人がガイドさんとして案内してくれますので、お時間があった際は訪れてみて下さい。

閑話休題

今回は織り手さんのワーク・ショップに半日お邪魔して、色々と目から鱗のお話しや、グリンシンにまつわる長年の謎、織り手さんなりのジレンマなども聞かせて頂きましたが、こうした様々なお話しを真っ直ぐ直球で伺えたことで、また再度グリンシンを取り扱おうという気持ちに整いました。

その中で、織り手の方にサンプルとして託された1枚がこちらのグリンシン。

グリンシン1

このグリンシンを見て、皆さんどう思われますか?

こちらのグリンシンは、染織を始めて間もない女性の、言わば修行の初期段階でつくられた物。
お客さん(観光客)の目に触れて希望があれば、
「こうしたグリンシンでも気にいってくれたのならば・・・。」
と、村では販売しているようですが、
「こうした段階の品を海外で法外な高額で販売されているのは、どうしても我慢できない。」
と悲しそうな顔でおっしゃっておりました。

グリンシンと言えば「聖なる織物」とも言われますが、そうした点に焦点が当てられ過ぎて商売に悪用された例とでも言いましょうか・・・。

これをあなたにあげるから、そうした点も含めた全てを日本で紹介して欲しい・・・と。

そして、
「もちろん、これは絶対販売しないでね。」
と、お茶目な笑顔を見せてくれました。

スマホの普及で、自分の村で作られた品、そして自分の生み出した品が海外でどのように販売されているのか簡単に知る事が出来るようになった現在。

そうした海外のお店をネットで見ながら、一生懸命つくったグリンシンが逆に安価過ぎる価格で販売されている場合や、間違って紹介されている事を見掛けたりもするそうで、そうした点もジレンマなのだとか。

ここら辺が、冒頭書かせて頂いたグリンシンを扱い続けるべきかどうしようか長年悩んでいた部分にも通じる事柄のような気がします。
「正しい形でグリンシンを紹介するには、どうすればいいのだろう・・・。」
と。

今回、色々なお話しを直球で伺って、織り手さん達の思いを汲んで、物と共に織り手さんの真っ直ぐな心も一緒にお届けできるように正しく紹介する事が、微力ながら私が今出来る事なのかな・・・と。

そんな訳で、今回のグリンシンのご紹介のために、雨で観光客も少なかったトゥガナンの織り名人の一軒で、私が長年「?」と感じていた事柄を、まずは色々と質問させて頂きました。

例えば・・・、

①象の文様のグリンシンはいにしえからの物ではなく、パトラから取り入れた比較的新しい物。
②フリンジが切り離されたグリンシンは神聖なパワーが無くなっていると言われるが、殆ど変らない(この点はグリンシンについての記述で色々と検索してみて下さい)
③藍染め一色のグリンシンは海外からの要望で作っているもので、本来のグリンシンの彩りではない。
(この下の画像の左端のような藍染めグリンシン↓)

藍染めのグリンシン

グリンシンの中には、いにしえにインドのパトラから影響を受けて何百年も前からあしらわれるようになった歴史ある文様もありますが、この①のグリンシンの象の文様に関しては、いにしえからの歴史的文様ではないとの事。
グリンシンに登場する神や人も含めた生物系の文様も何種かありますが、最近、各ワークショップで見掛ける機会が急に増えたので、
「グリンシンに象の文様ってあったかな?もしかして、今は廃れた文様の中に象があって復興したのかな?」
と謎だった次第。

特に②に関しては、グリンシンの稀な織り技法だけではなく神聖さに魅かれる方も多いので、実はずっと気になっていた事柄。
曰く、
『グリンシンが持つパワーは、使い始める際に儀式を経てフリンジ(の輪の部分)を切り離すことによって持ち主にパワーが流れ移り、切り離した後のグリンシンにパワーは残っていない』
・・・と。
ですので質問してみたところ、
「それは大げさな事が広まっているんですね・・・(^^;。グリンシンの持つ神聖なパワーが変わってしまうとかはありませんよ(^-^)。」
と、嫋やかに微笑んでくれました。
胸や腰に巻く際はフリンジを切り離して使用しますが、フリンジを切る際の所作などから上のような話しが広まったのでは・・・と。
要は用途によってそのまま使ったり、切り離したりといった事のようです。
そうですよね、そうしたら切り離さずに使用している村人にはグリンシンのパワーは無関係って事になってしまいますもんね(^^;。

因みに、今回仕入れをしてきたグリンシンの半分以上はフリンジは輪状のままですが、フリンジが切り離されている物とお値段は村でも一緒で、特には“フリンジが切り離されていない物は貴重”といった区別などはされていない様子です。

そして③に関して。
グリンシンには黒(茜と藍の重ね染めによる黒~コゲ茶)・赤(茜染め)・白(キャンドルナッツによる生成り~淡い黄)の三色が使用されますが、それぞれにグリンシンの歴史に則った意味合いがあると伝えられております。
コゲ茶&白~淡い黄の二色ベースでつくられる文様の物もありますが、多くは上記の三色での構成となります。
そこに、前から見掛けてはいたものの、謎の藍染めのグリンシンの存在。
「藍一色のグリンシンがありますが、藍色にはどういう意味合いがあるのですか?」
と質問した所、上記の答えとなった訳です。
元々、グリンシンでは黒の彩りは上記の様に藍と茜で重ね染めをして生み出しております。
世界中には藍染めや青の彩りがお好きな人が多いですし(私も青の彩りが大好き)、当店でも青系の織物から完売となっていく事が多いのですが、そういった好みの視点から、
「藍染めのみのグリンシンをつくって欲しい」
との要望が海外から出始めたのかな?・・・などと思った次第。

そう言えば、トゥガナン村内とその外での言い伝えの異なりというものもあるようで、トゥガナンの人々にとってインドのパトラが憧れの存在であったように、外のバリ島の人々にとっては且つてグリンシンが憧れ・畏怖の存在でした。
そんな事もあって、トゥガナン自体でのグリンシンの意味合いから離れた噂が神格化によって外で作られ広まったという事もあるようで、混在している様子です。

と、ザックリと記すとこのような概要ですが、伝統織物を探して巡っていると、日本で見かけていた巷の情報と現地での事実とのギャップに戸惑う事も多々あります。
で、
「こういうお話しを見掛けたんですけれども~・・・。」
と質問すると、そうした巷の情報が間違っていて、織り手さん本人に驚かれたり・・・(^^;。

逆に、
「いやいや、それは眉唾でしょう~(^^;。」
といった事を吹聴する人もいたり。
私の体験では、織り手さん本人よりも、旦那さんや家族など周りにいる人の方が、ちょっと誇張だったり煽り気味の言葉を掛けてきたり強引な事が多かったりしますが(^^;、一家の生活の事を考えて必死なのかもしれません。

実は、トゥガナンのワークショップの中にも、グリンシンではない他地域でつくられた量産イカットを、
「神聖なグリンシンだよ」
と言って、嘘の説明と共に観光客に膨大な価格で売りつけようとする悪い人というか商魂逞しい人がいたりもします(^^;。

現に私も、西側のトゥガナンを散策した際にとある一軒で、
「このグリンシンはどう?」
と、ウンドゥッを通常の10倍程(゜_゜)のお値段で勧められたことがありますが・・・、思わずそのお兄さん&お姉さんカップルに心の中で色々と突っ込みを入れてしまいました(^^;。

私の場合、お店や工房を訪れた冒頭に仕入れで来たとはお伝えすることはあまりないので、その最初の時間帯はその売り手さんや作り手さんの姿勢などを垣間見ることが出来る貴重な時間といった感じもあります。
色々と巡っていると染織に関わる様々な方にお会いしますが、本当に十人十色&多種多様。

そんな中で、品そのものと共に、品々に込められた歴史や情報も正確にお客様にお届けするのも大事な仕事だなぁ~・・・と改めてシミジミ。

ふぅ~・・・(;^ω^)、この本ブログを書くだけで既に2時間以上経ってしまっている程、グリンシンは真剣に向き合うと紹介が難しい織物でもあります。

煽らず諂わず正しいバランスで、皆さんにグリンシンの魅力をご覧頂ける紹介ページをじっくりと作りたいと思っておりますので、ショップ・サイトへのUPは春頃になってしまうかもしれません。
しばらくお待たせしますが、どうぞお楽しみに。

グリンシンの作成風景

グリンシン2

スポンサーサイト
-

織物の中のモチーフ【パトラ文様】

寒さ厳しい日が続いておりますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は久し振りに「織物の中のモチーフ」シリーズを。
今回ご紹介させて頂くのは、“パトラ文様(パトラ写し)”。

この“パトラ文様(パトラ写し)”。
現在の東南アジアの染織に、大きな影響を与えてきた文様の一つと言えるかと思います。

「パトラ(patola)」自体は、インドのグジャラート州パタンで織られる絹の経緯絣の事で、昔はグジャラート州各地で織られていたそうですが、現在では数軒のお宅でつくられるのみとなっております。

この「パトラ」は、17世紀頃からオランダ東インド会社の輸出品として東南アジアにもたらされ、王侯・貴族のステイタス・シンボルとされました。

その後、「パトラ」に代表的にあしらわれる華美な花文様は人々にとっての憧れとなり、徐々に各地域の織物にもそうした文様を模した織物が、絹素材・綿素材を問わずにつくられるようになったそうです。

始めの頃は、こうしたパトラ風文様があしらわれた織物も、王侯・貴族にのみ着用が許された禁制文様であったそうですが、次第に広く庶民の間でも使用されるようになっていきました。

前出のように、「パトラ」はオランダ東インド会社の輸出品としてインドからもたらされたこともあってか、その拠点のあったインドネシアにパトラ文様の織物が多く見られますが、

パトラ文様1

パトラ文様2

パトラ文様3

カンボジアのサンポットホールや、タイのマットミーなどにも、「パトラ」の影響が見られます。

パトラ文様4

このように、「パトラ」は現在の東南アジアの染織に大きな影響を与えてきましたが、華麗な花文様のみならず、ハート文様や象の文様があしらわれた“パトラ写し”もあります。

こうした世界の繋がりが垣間見れるのも、また面白いものですね。

-

織物の中のモチーフ【牛】

早いもので、もう師走。
年末年始はクリスマス・大晦日・お正月と、何かと忙しくなってきますが、どうぞお体に気を付けてお過ごし下さいませ。

さて、今回は久し振りに「織物の中のモチーフ」シリーズを。
今回のお題は「牛」。

「牛」と言えば、以前、牛の角を基にした「鉤文」のモチーフをご紹介させて頂いた事があります。
因みに、この「鉤文」と牛との関わりを改めておさらいさせて頂くと、

スラウェシ島トラジャ族によってつくられる茜染めのイカットの中には、セコマンディ(Sekomandi)と呼ばれる幾何学文様があしらわれる事が多いのですが、このセコマンディは‘大きな鉤’といった意味合いを持つそうです。
そこから、こうした鉤文があしらわれたトラジャ族の茜染めイカットはセコマンディと呼ばれたりしますが、この文様には水牛に因む意味合いが含まれているのだとか。

セコマンディ

トラジャ族は水牛を聖なる象徴と捉えており、その水牛の角なども幾何学的に表して、優れた子孫の誕生を祈念したり、祖先崇拝といった意味合いを込めたそうです。

そして、ティモール島の織物にも類似した水牛の角を基にしたカイ(Kai)やカイニー(Kainee)、カイフ(Kaif)と呼ばれる「鉤文」があしらわれる事が多く、その角は生命を表すとも言われているそうです。

カイ

また両地共に、水牛は祭儀の際の供犠として重要でもあります。

・・・と、幾何学的に牛の角を表した文様に関しては以前ご紹介させて頂いておりますが、今回は、牛そのものをあしらった文様について。

ここで登場するのが、私の大好きなスンバ島イカット。
スンバ島でも、牛と言えば‘水牛’がメインとなりますが、その水牛は、

ラジャ(王)の血統のシンボル
富の象徴(儀式の際に生贄にされたことから)
ラジャの葬式の際の供え物

という事で、『ラジャ(王)』や『富』を表す文様とされます。

その様な訳で、イカットの中にもラジャと共にあしらわれる事も多く、

王の証として牛と共に織り込まれたり、
スンバ島イカットの牛

王様の生活風景や葬儀の様子などを織り込んだ「ラジャストーリー」と呼ばれるイカットの、王様の家の飾りにも登場したりします。

スンバ島イカットの牛飾り

因みに、この水牛の頭蓋骨の飾りは、権力や富の象徴だそうで、全ての家に飾られている訳ではなく、村の権力者の家などに飾られています。

戸口の装飾

因みに、王族のお墓のドルメンにも、牛が彫り込まれております。

スンバ島ドルメン

このように、スンバ島の織物の中では、牛は王族にまつわる文様として登場する事が多くあります。

・・・と、王族と水牛の係わりを述べさせて頂きましたが、もちろん、王族以外の庶民の間でも、いにしえから農耕の際には重要な労働力として人間を助けてくれる、ありがたい存在でもあります。

そんなスンバ島随一の町ワインガプの中心地で、のんびり草を食む子牛。
イカットの名産地は、こんな喉か~な島だったりします(^-^)。

スンバ島の牛

-

【織物の中のモチーフ】アナ・マハン

梅雨も明け、暑さ厳しい夏日続きですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
そうぞ、体調管理には充分お気を付け下さいませ。

さて、今回は久し振りに「織物の中のモチーフ」シリーズを。

これまでも織物の中に躍る様々なモチーフ(文様)をご紹介させて頂いてきましたが、今回は首架文と共に、スンバ島特有かと思われるモチーフを一つご紹介したいと思います。

スンバ島イカットやパヒクンの中には、様々な文様が一面に織り込まれており、そのバリエーションと織り手の方々のイマジネーションの豊かさが私も大好きなのですが、そんなイマジネーションを活かした文様が「アナ・マハン(Ana Mahang)」。
日本語で表すとしたら、『空想上の生き物』といった感じの意味合いでしょうか。

半人半獣として織り込まれる事が多く、例えば、

頭部が人で、体が力強い権力者や王、強靭さの象徴とされる鰐。
アナ・マハン2

頭部が富の象徴としての牛、体が人。
アナ・マハン1

頭部が人で、体がオランダ統治時代の名残りである獅子(ライオン)。
アナ・マハン3

こちらは全体的に人と鳥の半人半獣に、腕の部分からも鳥、足の部分からは猿が派生した凝った造作の文様。
アナ・マハン4

といった感じで、本当に織り手さんのイマジネーションが、このアナ・マハンには活かされております。

一説には、いにしえから島に伝わるアニミズムのマラプ信仰に基づく文様の一つで、人間と尊ばれてきた動物とを組み合わせて崇めているそうです。

もしも幾枚かスンバ島の織物をお持ちでしたら、ふと広げて眺めてみると、このアナ・マハンが織り込まれているかもしれません。

こうした脈々と受け継がれてきた伝統が、一枚の織物にギュッと表されている芸術性が、スンバ島の織物の魅力ですね(^-^)。

-

織物の中のモチーフ【アクセサリー文】

ここ数日、突然の豪雨に見舞われることの多いここ神奈川ですが、皆さんの地域はいかがでしょうか?
台風も2個同時に発生したようですし、夏休みということで水辺にお出掛けという機会も多いかと思いますので、どうぞお気を付け下さいませ。

さて、今日は久し振りに「織物の中のモチーフ」シリーズを。

現在、オリジナルアクセサリーUPの準備という事もあり、頭の中はアクセサリー一色(^^;。
という事で、今回のお題は「アクセサリー文」に致しますね。

世の中には様々なアクセサリーが有りますが、私の大好きなスンバ島イカットの中に登場するアクセサリーは、ヌサトゥンガラ・エリア特有の物が殆どであったりします。

代表的なものとしては、以前、こちらの記事でもご紹介した「マムリ」。

スンバ島マムリ

大きさや素材は色々で、中には人物・動物などがデザインされている物もあって、それぞれに味わいがあります。
スンバ島では今も女性のシンボル&お守り、厄病除けとしてマムリは崇められており、現在でも結納品として贈られています。

マムリにはシャーマンなどによる儀式を経ることによって祖霊マラプの魂が宿り、超自然的な力をともなうと考えられており、使用していない時には、家の中で聖なる場所とされるトンガリ屋根の部分に保管されているそうです。

イカットの中ではメインのモチーフとしてあしらわれたり、

スンバ島イカットの中のマムリ1

サイドに連なるようにあしらわれたり、

スンバ島イカットの中のマムリ2

と、様々です。

マムリと同様に女性のシンボル&お守りとしては、マランガと呼ばれるアクセサリーもあり、

スンバ島マランガ

同じく、時折イカットの中にあしらわれることが有りますが、

スンバ島イカットの中のマランガ

このマムリとマランガのデザインに共通の事柄は、女性の子宮を象っているという事。
それ故に、女性のお守りとして島では崇められています。

町の中にある碑や、

スンバ島の街の中のマムリ

伝統村の石碑にも登場する程、

スンバ島石碑の中のマムリ

島民にとっては特別な存在と言えるかと思います。

その他のアクセサリーとしては、耳飾りなどもイカットの中に登場しますが、

スンバ島イカットの中の耳飾り

上のイカットは、耳飾りと共に女性の守り神とも伝えられる蛇の這い跡がサイドに幾何学的に織りこまれており、まさに女性のためのイカットと言っても良いかもしれません。

こうした耳飾りは、通常の私達の感覚の耳飾りよりは、重量&大きさ共にボリューム感がある物が多く、実際に耳飾りとして日本の巷で使用するには二の足を踏むかも・・・しれません(^^;。
マムリやマランガも小振りの物は耳飾りとされる事もあるようですが、実質的には中央の穴に紐やチェーンを通してペンダントとして使用したり、インテリアとして飾ってみたりといった方が私達には良いかもしれませんね。

女性の方のお守りとして、こうしたアクセサリー文の織り込まれているイカットを飾るのもオツですね(*^^*)。

このカテゴリーに該当する記事はありません。