FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

豊穣の女神CILI

コロナに伴う自粛も少しずつ解除されつつある今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

年明けからのこの数ヶ月は生活が一変してしまい、今も戸惑う点があったりしますが、リフレッシュで楽しみながらもう一踏ん張りしていきましょうp(^ ^)q!

さて、前々回のバロン(Barong)についてのブログの際、バリ島のお盆に当たるガルンガンの時期に街路に飾られるペンジョール(Penjor)のお話しをさせて頂きましたが、今回はここからお話しの続きをスタート♪

ペンジョール1

このガルンガンの時期を知らせてくれるペンジョールですが、何か気付きませんか?

ペンジョール1

実は、このペンジョールの先にはバリ島の女神「チリ(CILI)」が飾られており、このチリは豊穣の女神・稲の女神として島内で崇められておりますが、見えるでしょうか?
扇のような形になっている部分が頭なのですが、分かります?

ペンジョール2

全てのペンジョールの先にあしらわれているとまではいきませんが、注目してみていると結構な割合でチリが揺らめいていたりします。

この女神チリは、有名なジェンガラやタバナンの焼物にもモチーフとして顔や上半身があしらわれている事があるので、バリ好きの方には見覚えがあるかもしれませんね。

チリには可愛い・美しい・小さいなどといった意味があるそうで、成功や不妊治療の女神でもあり、幅広くバリ島内で愛されているそうです。

実は以前、当店ではオリジナル・アクセサリー・コーナーを独立した形で運営していたのですが、その際のお店(コーナー)を「CILI」と名付け、この女神をモチーフにしたロゴなども使用しておりました。
今もその名残で、オリジナル・アクセサリー・コーナーの商品番号はCILI-●-●●●といった形のままでおりますが、それだけ個人的にも大好きな可愛い神様だったりします。

このチリはスリ(Sri)とも呼ばれ、島内のホテル名や通り名など様々な所でデウィ・スリ(Dewi Sri)という名称をお聞きになった事があるかもしれませんが、このデウィ・スリ=チリからきております。

さて、バリ・ヒンドゥーの中ではチリはヴィシュヌの妻という事ですが、
「ヴィシュヌの妻はラクシュミーじゃないの?」
と、インドや歴史などが好きな方は疑問に思うかもしれませんね。

このチリ(デウィ・スリ)はバリにヒンドゥーが入ってくる前から人々に親しまれていた神話の中に登場する土着の神様で、後年ラクシュミーと同化していったそうです。

バリ島には水田が広がり島内に点在するライステラスなどが人気ですが、

ジャティルウィの棚田

三期作も行われるほどに稲作が盛んで、スバック(Subak)と呼ばれる水利組合によって灌漑が整えられております。

バリ島の稲作風景

そんな田園の中を散策していると、見かけるのがチリを飾ったお供え。

田園のチリ

喉かな風景の中に揺れる、椰子の葉や稲などでつくられたチリ。
可愛いですよね(^-^)。

実は我が家にも女神チリがいます。
この子です↓。

チリの絵

大分昔にウブドの街中のギャラリー店頭で見かけて、何故か魅かれたんですよね~。
こういうヘタウマ(と言ったら失礼かな(^^;)、大好きなんです。
近付いてみると、立体的な質感もあって良い味わい!

中から出てきたオーナーが、
「これ、ウチの息子が描いたんだよ~♪」
と実に嬉しそう。
息子さんの年齢、13歳。
額縁も息子さんが自作したそうで、素朴な風合いに一目惚れしたんですよね~。

今はもう大人になっているはずなので、立派なアーティストになっているのかな~?…などと、この絵を見ながら時折思い出したりしております。

という訳で、神様との距離が近く感じるバリ島ですが、今回はお気に入りの可愛い豊穣の女神チリを紹介させて頂きました。
自然の恵みに感謝♪…ですね(^-^)。

稲

-

お辞儀

清々しい新緑の季節が近づく今日この頃。
…が、巣ごもりをしなければいけない本年度の春ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

これまで当たり前だったことがコロナで一変してしまい、なかなか困った状態が続きますね(~_~;)。

こうした中で必死に働いてくれている医療従事者の皆さんを始め、スーパー・ドラッグストアなどの従業員さん、物流業界の皆さんには、心から感謝をしている次第。
本当にありがとうございます。

ここ神奈川でも緊急事態宣言が出ており、私も出来るだけ外出は控えるように心掛けております。
当店はネットショップという事もあって通勤がない分そうした面での支障は少ないのですが、やはり家族もいるので色々と気を遣う部分もあったり。

そう言えば以前のブログにも、日頃のご注文頂いた品の梱包などの際は手を洗ってから作業に入るようにしており、こういうご時世なので、より一層ゴシゴシと手洗いに気合を入れている旨を書かせて頂きましたが、最近はそれに加えて一層の対策を取って、皆さんに安心して頂けるよう心掛けております。

アクセサリー梱包時には手袋を使ったりもしていますが、趣味で時折染めをしていることもあって使い捨て手袋のパックを持っていたのが、今回の思いがけない幸運♪
何が幸いするか分からないものですね。

という事で、本当に大変な世界になってしまいましたが、上手くリフレッシュを取り入れながら、皆で乗り切りましょうp(^_^)q!

さて、今回のコロナウィルスの蔓延で、収束後にはパラダイムシフトが始まるだろうと言われておりますが、生活習慣でも世界的に大なり小なり起きるのでしょうか?…うん、起きそう!

ハグ&キスからお辞儀へ
室内土足から土禁へ
…などいかがでしょう?

マスクも然り。
日本ではマスク文化が定着しており、東南アジアではバイクの運転手さんが排ガスや埃除けに時折着けていたりでマスク姿を見慣れていますが、欧米ではマスクをしている人=重病者や危険人物といったイメージだそう(^^;。

アメリカにいる姉は万一のために2月のうちからマスクを探していたらしいのですが、その時点では周りにはマスクをしている人は全く見掛けず!
なのに、何処のお店をまわってもマスクは売り切れで、
「何処にも売っていない…。みんな、マスクでも食べているのか(?_?)?!」
などとボヤいていましたが、どうやら在住の中国人が既に買い占めを始めていた模様…。
さすがにしたたかです(^^;。

お辞儀と言えば、日本人はペコペコお辞儀をするなんて印象を持たれますが、ええ、私も海外でもペコリと挨拶をします(ペコペコはしませんが(^^;)。
加えて、人の前を横切る時には、
「えくすきゅ~ずみ~!」
とか、
「ぷるみし~!」
とか言いながら、オジサン的に手刀を切りつつペコリとお辞儀をして通る癖があったりします( ̄▽ ̄)。

海外旅行に行き始めた若い時分には、
「お辞儀は恥ずかしいものなのかなぁ~…(´・ω・`)。」
なんて淡い迷いもありましたが、何だかんだ言ってお辞儀文化って良いと思うんです(^-^)。
ペコペコするのはあれですが(^^;、何かしてもらった際にさりげなく「ありがとう」の言葉と一緒にペコリって可愛い文化だな~…とシミジミ。
それに、ちょっと離れた場所にいる人にも笑顔と一緒にペコリで、国は違えど感謝の気持ちが伝わりますから(^-^)。

そんなこんなで、アジアを見回すと、お辞儀に似たものにタイの「ワイ」がありますが、あのワイもふとしてもらうと可愛いくてありがたい気持ちになりますよね。

時代の流れか、若い人の間ではワイはあまりされなくなってきているといった話も聞きますが、こうしたお国柄が現れる文化はずっと続いてもらいたいものですね♪

ワイ

壁画

-

聖獣Barong

桜も咲き、春爛漫の今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、前回ブログを書いてから、気が付けば1ヶ月以上が経っていた訳ですが(^^;、本当に月日が過ぎるのは早いものですね。

確かその時は、まだ国内でのコロナウィルス騒ぎも、チャーター機での帰国者&大黒ふ頭のクルーズ船のニュースがメインで、感染はまだ50人程といった感じだったかと思いますが…、その後の世界的な拡がりを見ると恐ろしいものですね。

で、そのブログの中で、春に計画していた仕入れ渡航を止むを得ず延期した旨を書かせて頂きましたが、その後も渡航予定であった国のコロナ情報を折々でチェックし続けている次第。
仕入れ渡航自体は、このコロナ騒動が収束して間を置いてから…と思っておりますが、知人の会社でも海外出張がキャンセルになったり、同じく春にアメリカから帰省予定だった姉も悩みつつ延期と決めた様子。
その際に、
「映画のターミナルみたいに、A国に行ったら上陸できなくて、B国にも戻れないで隔離暮らしは勘弁!」
といった話題をしていた所、その直後に主演のトム・ハンクスさんもコロナに罹ってしまったようで…(-_-;)。

この1~2ヶ月程で世界情勢が劇的に変化しましたが、リフレッシュを上手に取り入れながら、この騒動を乗り切りましょうp(^-^)q !

という事で、コロナからの発想で、今回のお話しは東南アジアの疫病対策について。
…とは言っても疫学的な視点ではなく、PANDAN TREEらしく昔から地域に伝わる厄払いの儀式などについてのお話しを。

最近、疫病退散にご利益があると伝えられている九州ゆかりの妖怪アマビエが巷で人気ですが、では他国では…と考えた所、個人的には身近な地域に、おりました♪

それは、聖獣バロン(Barong)。

バリ島を訪れると、観る機会も多いバロン・ダンスのあのバロンです。

バロン・ダンス

島内の様々な所で上演されており、観光客に人気のバロン・ダンスですが、バリ・ヒンドゥーの人々にとってこの聖獣バロンは、善の側面を表している重要な神様。

バリ島では様々な舞踊が見られますが、自然のバランスが乱れると凶作や疫病が起こると考えられ、多様な儀式や奉納舞踊が行なわれてきたそうです。

また、バリ・ヒンドゥーでは、善と悪、昼と夜など、対極のどちらもが世界になくてはならないとして尊重されており、アジアの織物屋としての視点で見ると、ポレン(Poleng)と呼ばれる白と黒の市松模様の布も神聖なものと考えられています。

ポレンを纏った人々

善の代表がバロンであれば、悪の代表が魔女ランダ(Rangda)。

一見、バロンと似た見た目なので、どっちがどっち(?_?)?…と迷うかもしれませんが、ランダの方は舌がだらりと出た様子で表わされます(この細い前掛けのような装飾が舌を表しています↓)。

ランダ1

贔屓目かもしれませんが、バロンの方が愛嬌のある表情のような気がします( ̄▽ ̄)。

という事で、バリ島のお盆に当たるガルンガン(Galungan)のお祭りの際は、バロンやランダが集落から寺院へと練り歩き、夜にはそれぞれの村の寺院で善(バロン)と悪(ランダ)が戦う奉納舞踊チャロナラン(Calonarang)が数時間(!)に渡って演じられます。
このチャロナランを、1930年頃に観光客向けに1時間程にアレンジして上演し始めたのがバロン・ダンスだそう。

そして、
「あぁ、ガルンガンの時期なんだなぁ~」
…と気付かせてくれるのが、島中の街路に並ぶペンジョール(Penjor)と呼ばれる飾り。

ペンジョール1

このペンジョールが風にたなびく様子も、風情があって好きなんですよね~(^-^)。

ペンジョール2

(ペンジョールはオダランなど他の儀式の際にも飾られるので、渡バリの際に限定エリアでのみ飾られている場合には、どの儀式が行われるのか地域の方に聞いてみて下さいね。)

さて、このチャロナランは、豊穣と共に疫病払いを願うもので、19世紀末に島内にコロナが蔓延した際に、ジャワ・ヒンドゥー由来の善と悪の神々の戦いの物語を上演したのが始まりだとか。

地元の人にとっては小さな頃から身近な劇だそうで、丁度ガルンガンの時期に滞在していた際にお世話になっていた人から、
「今夜、ウチの村で劇をやるから見においでよ。お店も出てるよ~。」
と、お誘いを受けたのですが、問題は……時間の長さ(-_-;)。
なにせ、夜9時~10時頃から4~5時間は掛かるという長丁場な劇。
しかも、途中で帰ると悪霊が憑いてきてしまうらしい(゚Д゚;)!

その際は、次の日の仕入れに支障が出そう&正装のクバヤを持っていなかったので、出店にだけお邪魔して、悪霊に憑かれないように劇が始まる前に帰りましたが(^^;、次の機会には準備万端で参加してみたいと思います!

因みに、ガルンガンは210日周期のウク歴に合わせて行われるので年2回とのこと。
バリ島を訪れた際に、もし島中の街路に新鮮なペンジョールが華やかに並んでいるようでしたらガルンガンの時期だと思うので、島の方に聞いてみて地域のチャロナランを観劇してみてはいかがでしょうか(^-^)。

また、バロン・ダンスと並んで人気のあるケチャ(Kecak)も、

ケチャ

起源は、疫病が蔓延した際に行われるサンヒャン(Sanghyang )と呼ばれる呪術的な宗教舞踊だそうで、こうして改めてみると、島で何気なく観劇していた舞踊の意味合いを知れて奥深いものがあります。

そう言えば、ケチャやバロン・ダンスなどを考案したと言われるウォルター・シュピースの描いた『チャロナラン』がウブドのARMAに展示されていますので、渡バリの際は是非ご覧下さい。

チャロナラン

という訳で、今回は疫病退散!…を願い、バリ島に由来の神様や舞踊などをご紹介しましたが、次回はその繋がりで、私も大好きな豊穣の女神CILIをご紹介したいと思います。

皆さん、手洗い・うがいに努めましょうね(^-^)。

バロン2

-

旅の準備

暖冬が続く今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ここ一ヶ月はウィルス関連で色々と悩ましい状況が続く世の中ですが、本当にマスクが何処にも無いですね(~_~;)。
どうぞ皆さんも、ウィルス対策に充分ご注意下さいませ。

さて、我が家にも花粉症の人間がいるので毎年マスクが必要なのですが、ちょっと心もとない残数で困っているところです。
いざとなったら手作りマスクの出番でしょうか?
織物屋だけに、布ならいっぱいあるさ( ̄▽ ̄)!

加えて、ツレの通勤時にポケットに入るような除菌ウェットティッシュがあったら便利かな~・・・と思い、仕事帰りに買ってきたら~・・・と提案した所、既になかったよう。
代わりに、なぜかヒアルロン酸入りウェットティッシュ(除菌ではない)を買ってきて、
「肌がスベスベして気持ち良い~♪」
と、女子力上げてどうすんの(´・ω・`)・・・な今日この頃です。

加えてパート2ですが、日頃のご注文頂いた品の梱包などの際は手を洗ってから作業に入るようにしておりますが、こういうご時世ですので、より一層ゴシゴシと手洗いに気合を入れていきたいと思っております

そんなこんなで、当店でも春にタイ周辺国への仕入れ旅を予定しておりましたが、こういう状況なので延期の方向で考えている次第。

ラオス・ビエンチャン

ちょうどパスポートも切れたので、2月4日から申請受付が始まった浮世絵パスポート(これ、楽しみに待ってたんです♪)をサクッと作って、旅支度を・・・と考えていたんですけれどもね(´・ω・`)。

昨日辺り、タイ国民に日本への渡航自粛要請が出たようですが、タイと併せて訪れる予定だった某国は、今の所感染者が出ておりませんが・・・、北部は中国と接していて且つ中国のビジネスマンが頻繁に行き来している地域ですし、医療も周辺国程には充実しているとは言い難いので、不安な点も(^^;。

当店の場合は、アジア雑貨店というよりも、織物をメインとした東南アジアの工芸品をラインナップしている訳ですが、そうした染織品の産地にはマラリアなど疫病が蔓延する地域もあり、渡航する際はそれに合わせた下準備をちょっとしたり、行動に気を付けたり・・・といった部分もあります。

東南アジアで言うと、例えばコレラやデング熱etc・・・。
お店を始めた頃で思い出すと、狂犬病などもそうですね。

当時は、ちゃんとペットとして犬を飼うといったお宅は東南アジアではほとんど見掛けず、犬と言えばイコール野良犬、もしくは地域犬・・・といった時代。
しかも、皮膚が爛れ&涎がダラダラ・・・な犬も多く、そうした野良犬が群がっている場合などは通り過ぎるのに躊躇する事も。
数年経つ頃にはペットとして飼われる犬も増え始め、政府の野良犬対策なども功を奏し、今ではそうした光景もかなり減って、街も歩きやすくなりました(^-^)。

とまぁ、実際そうした感染病はそんなには気にしなくても、マラリア蔓延地域を訪れる際は今でもちょっと慎重になります。

命あっての物種。

訪れる場所によっては、この言葉を心に留め、それなりに健康・体調に気を付けるようにしております。

今回の場合は、日本国内での感染という状況のために、海外へ出てから、そして帰国の際に何かしらの弊害が出る可能性も有り得るかもしれないですし、無理せず状況を見ながら仕入れ旅のプランをしていったほうが良いのでしょうね。

何せ、元々平熱が高めな私・・・ちょっと疲れが溜まって微熱が出てスクリーニングに引っ掛かったら・・・元も子もないですよね(^^;。

という訳で、この状況を判断している期間を有効活用して、素敵な染織を皆様の元にお届け出来るようにより色々とプランを練って、落ち着いてからジックリと次の仕入れに向かいたいと思います!

桜

-

織物の中のモチーフ【花①】

暖冬続きの今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

冬になると、
「寒いね~」
などと、ついつい口から出てきてしまうところですが、今シーズンはこれといった寒さも感じないまま春になってしまうのでしょうか・・・?

さて、そんな暖かな冬にふさわしい(?)テーマで、久し振りの「織物の中のモチーフ」をご紹介したいと思います。
今回のお題は「花」。

織物の中には様々な花の文様があしらわれておりますが、今回花第一弾としてご紹介したいのはグリンシンに登場する花。

グリンシンと言えば、インドネシア・バリ島のトゥガナン村でつくられる世界でも稀なダブルイカット(経緯絣)として有名ですが、このグリンシンには20~24種程の文様があったとされます。
現在は廃れてしまった文様も残念ながら何種かあるそうですが、現在もあしらわれる文様の中には花も幾つか見られます。

まずはチュンプロン(Cemplong)と呼ばれる文様。

グリンシン・チュンプロン1

どうでしょう、ひまわりのように華やかな文様がメインにあしらわれていて素敵ですよね。

ひまわり

チュンプロンの場合は、このひまわりのような大輪の花の周りにも小花が散りばめられる構造となるそうで、優雅な雰囲気が一層高まって見えます。

グリンシン・チュンプロン2

尚、このチュンプロンに一見・・・と言うよりも、非常に似て見えるタタラダン(Teteladan)と呼ばれる太陽を表す文様もありますが、こちらはまた次の機会に「宇宙」などの括りで紹介させて頂きますね。

次に紹介させて頂くグリンシンの中の花はチュンパカ(Cempaka)。

チュンパカと言うとバリ島らしさが漂う花で、同じくバリらしさが漂うイランイラン(Ylang ylang)にもちょっと似た花ですが、イランイランの方が花びらが細長くクルンクルンとなっている度合いが強いので見分けられるかと思います。

チュンパカは神様へ捧げる花として祈りの際などに見かけますが・・・あれ?我が家の画像ストックにチュンパカが・・・ない(´-ω-`)。
旅先では散々写真を撮りまくっているはずなのに・・・何故、チュンパカ画像がないのか(T_T)?

・・・という訳で、フリー画像をお借りしましたm(_ _)m。

チュンパカ

このチュンパカが織り込まれたグリンシンがこちら↓。

グリンシン・チュンパカ2

グリンシン・チュンパカ1

時折、フランジパニ(プルメリア/バリでの呼称はジュプンJepun)をチュンパカと間違えて紹介している事もあるようですが、異なる花ですのでご注意を。
こちらがフランジパニです↓。

フランジパニ・プルメリア

チュンパカは、木としてはフランジパニよりも高く、花としてはフランジパニの方が華やかで良く見かけるためか、ついつい街を歩いていてもチュンパカが咲いているシーンを見逃してしまうのでしょうか・・・(´-ω-`)。
多分、市場でもお供え物売り場などで見かけていると思うのですが・・・う~ん・・・。

チュンパカは神様への捧げ物という事もあってか、儀式の際に手に挟んで祈ったり耳に飾っているのを見掛けてチュンパカに気付く事が多いような気がしますが、次の渡バリの際には、木に咲いているチュンパカを忘れずに激写してきたいと思います

バリ島祈りの風景

因みに、チュンパカの香りはとても素敵で、オーガニック石鹸やお香としても使用されていますので、バリらしいお土産としてもピッタリだと思います。

尚、こうしたチュンプロンやチュンパカといった花の文様が織り込まれた細布は、女性の胸当て(前掛け)などに好んで使用されるようです。

グリンシンには他にも苦瓜(ゴーヤ)やタマリンドといった、
「おっ(*^^*)♪」
と楽しくなるような意外性のある植物も文様としてあしらわれているそうで、そうした地域特有の風土や動植物によって生み出された文様に思いを馳せるのも楽しいものです♪

トゥガナン村