fc2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

お久し振りの登場布

気が付けば師走も始まり2023年も残り僅かな今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
寒さもだいぶ深まってきましたが、体調に気を付けて来たる年末年始に備えたいものですね。

さて、スコーンとした晴天が続いている12月ですが、座間キャンプと厚木基地の中間という土地柄、先日、近所を歩いている際に、
「久し振りにオスプレイが飛んでいるな~」
…と、青空の中を飛んでいるオスプレイを眺めていたら、丁度その日に屋久島で墜落事故が起きたようでちょっと驚いた次第。
それ以降も日に数回は界隈を飛んでいますが、オスプレイの音ってなかなかに心がゾワゾワする独特の飛行音ですよね😥

昨日も布の写真を撮っていた際に音がしてきたので、思わず手に持っていたカメラを布から空に向けてみちゃったりしました📷

オスプレイ

という訳で、カメラ片手に布画像撮りまくりの日々なのですが、織物部門のリニューアル作業もようやく目途がついたので、併せてUP予定の新商品の画像なども撮り始めております。

その中の一つが、お久し振りに登場のアカ族の刺繍&アップリケ布。

アカ族刺繍布

アカ族の布は、伝統の民族織物でありながら独特のポップさを感じる風合いかあり、私も大好きでお店を始めた頃から出来るだけ仕入れを行ってきましたが、この10年程は雑貨に仕立てられた物は時折見掛けるものの、布としては殆ど目に入る事もなくなっておりました。

先日仕入れに向かった際にも、頭の中の『仕入したい布リスト』のトップ方面には入っていたものの、
「多分、見つからないんだろうな~…」
といった思いだったのですが、幸運にも思わぬところで見掛けて仕入れをしてきました。

重ねて幸運だった事にお店のオーナーさんがアカ族の方で、色々とお聞きした所、最近は民族衣装を着る人も少なくなった事もあって作っている人が殆どいなくなり、そのお店に置いてあるアカ族の布も以前に作られた新古品のこれらのみだとの事。

様々なアジアの染織に共通して、
『もう作られていない』
といった言葉をお聞きするシーンが年々増えてはおりますが、やはりその度に切なくなる言葉ではあります。

で、店内をゆっくり拝見していたのですが、その中に、
「あれ?何だか変わったモン族のストーリークロスだな?」
といった刺繍布が掛けられており(ストーリークロスとは、モン族の人々が日常の生活の様子を布一面に刺繍をした物でライフシーンクロスなどとも呼ばれます)、近眼の私は良く見ようと近寄ってみると…、

「んんっ!?🤔」

お店の方曰く、
「気付いた?モン族じゃないの、タイ族のものなの。」

そこにはモン族の民族衣装ではなく、タイ族の民族衣装を纏った人々のストーリークロスが。
「なるほどなるほど、そうきたか~!」
なかなか珍しいものだったので、今思えば写真を撮らせてもらえば良かったな~…と今更ながら思ったりしております。

昨今は、この民族間の混在とでもいうのでしょうか、交わり的な事柄も染織上で感じる事も多いのですが、今回は他にも、モン族またはアカ族の刺繍かと思ったらヤオ族だった事が何回かありました。

そう言えば、国境に近い山岳民族の村々を散策していると、アカ族の村の隣りがモン族の村、その隣りがラフ族・リス族・ヤオ族…などと、本当に距離的にはお隣りさん的な立地で混在していたりもします。
そんな状況から伝統染織のミクスチャーが進んだのか?はたまた海外からのニーズによって変化せざるを得なかったのか?(結構このパターンも多かったりするんです)…などと考えてみたり。

こうした変化の流れも民族の変遷?民族間の交わりとして歴史的に定着していくのかも??…などと芋づる式に考えた師走のある日だったりします。

-

万能薬よ、ありがとう...

気が付けば、今年もあと二ヶ月。
爽やかな秋空が広がる今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今年も残暑が長かったので、
「ハイ!秋、省略!」
的に亜熱帯のような四季のない国になっていくのかな~?…などとちょっと寂しく思っておりましたが、ちゃんと秋は頑張って来てくれているようですね。
個人的にはヤル気の出るシーズンの一つでもあるので、リニューアル作業もガンガン進めて行きたいと思っております💪

…と、そんな事を言いながら、なかなか進まないリニューアル作業に涙を流し(嘘です)、ふと遠くを眺めて思考停止する事もしばしばな今日この頃。
年内には全てのリニューアル作業が終わるつもりだったんですけれどもね、どうも全然無理らしいので😭、完了したカテゴリーから順繰りに新ページをUPしていこうかと思っております。

今回はパッと見では大きな変化は感じられない類の内部的なリニューアルなので、
「どこが変わったの??」
と思われるかもしれませんが(^^;、実は全画像を作り直し&総取り換えしております。
…と言うのも、昨今のPC環境の推奨設定によっては画像がボケてしまう事が有り得るようになったので、撮り直しに加えてこれまでの3倍くらいのサイズで作り直しております。

加えて、初期の頃に買い付けた品の中には、
「え?こんなに少ない枚数の画像しか載せてなかったっけ!?」
と自分でも改めて気付いて驚いている品もあったりで、結構一つ一つの商品と今一度向き合う形のリニューアル作業となっている次第。

丁度コロナ禍で長く直接仕入れが出来なかった事もあり、サイト内の品数も通常よりだいぶ少なくなっていたので、今後の事も考えての画像総とっかえリニューアルのチャンスなんですよね。

う~~~ん…私はあと何百枚?千単位?画像を作らないといけないのでしょうか…??
と、先行きに少々恐怖も感じながらではありますが、取りあえず年末までには織物コーナーが完成しそうなのでそちらを先にUPして、その後はアクセサリー部門などのリニューアル作業と並行して先日買い付けの織物などを順次UPしていきたいと思っております。

そんなこんなな日々ですが、こうした作業が続くとどうしても悲鳴を上げてくるのが肩と目😵‍💫
自他共に認める肩凝り大魔王なもので、こうした細かい作業続きでのちょっとした悩みの種だったりします。
時折ティータイムを入れたりマッサージをしたりリフレッシュにお香を焚いても、悲鳴を上げるものは上げるんです!
(体は頑丈なんですけれどもね)

そこで登場するのが、日頃お店でお世話になっている国々の万能薬たち。

まずは、当ブログでも何度か登場のインドネシア代表ボカシオイル

ボカシオイル

ボカシオイルはアジアンコスメがお好きな方には有名な万能薬。
私の場合は、買い付け旅の際に突如体中に湿疹が拡がり困った際に、宿近くの薬局に飛び込んで、
「こんな湿疹に効く薬はありませんか?😭」
と、お店のお母さんにお腹を見せて出会った薬だったりします。
ええ、人間、切羽詰まると恥も外聞もなくなるんです…ハイ(´-ω-`)

いやホント効くんですよ!
だって次の日には痒みだけでなく湿疹自体もだいぶ治まったんですから👍

その後も皮膚系のみならず口内炎でも効果を発揮してくれている訳ですが、今では我が家の常備薬となり、何かあったら、
「ボカシでも塗ったら~~~?」
が合言葉に。
そして昨今は肩こり解消に大活躍!

お次がシンガポール代表のタイガーバーム。
通常は下の画像のような物をイメージされるかと思いますが、

タイガーバーム白

肩こりに効くというのが、この赤のパッケージの物。

タイガーバーム赤

ザックリ言うと、白が湿疹や炎症を抑える冷感タイプで、赤が血行促進に効く温感タイプなのだそうで、肩こりさんには赤パッケージがよろしい模様。

クリーム自体は茶色といった感じで、白との違いはカシア(シナモンの近縁種)とカユプティ(ユーカリの仲間)が入っている点。

タイガーバーム

タイでも普通に販売されているので渡航した際はゲットしてくる事も多いのですが、そういえば日本で見かける事が無くなったな~…と調べた所、日本では代理店が変わったりで以前よりは出回っていない模様。
でも、ネットなどでは手に入るようですので、赤バームなどもお試しされたい方はネット通販でどうぞ!

ボカシもタイガーバームもちょっと(いや、ボカシはだいぶですね(^^;)匂いというか香りが漂いますが、お好きな方はお好きでしょう!…いや、使っているうちに癖になるでしょう!…といった具合の香り。
アロマのローズマリーやセージが好きな方でしたら、ボカシの香りも気に入ってくれるかと思います。

こうした東南アジアの万能薬に日々の目や肩の辛さを癒して頂いている訳ですが、そう言えば日本にはボカシオイルのような万能薬って不思議とないですよね??

-

あれやこれや

先日までの猛暑が嘘のように涼しさを増してきた今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

“暑さ寒さも彼岸まで”などと言いますが、本当にその言葉通りに急に秋が深まりましたね。

さて、そんな10月の始まりですが、10月いっぴの日曜からインボイスやらゆうパックやら、あれやこれやと色々な事柄が始まったり変更になったりで、こうしたコマゴマとした事柄の設定変更に翻弄される秋の始まりだったりします。

本来ならば、先日買い付けをしてきた商品をご紹介する方向に全振りをしてハッスル💪!していきたいところですが、思うところあって始めたリニューアル作業もなかなか捗らず😭、何だか気ばかり焦って、ふと頭の中が真っ白になってこんな顔になったり… →( ゜Д゜)

と、芸術の秋にも関わらず、なぜか事務仕事満載の秋となっている次第🍂

色々と並行して物事を行っていると、自分でも頭の中がウニ(@_@)になってしまいますが、何とか晩秋までには新商品紹介リスタートできるように進めたいと思っております。

あぁ~、煩悩のない清々しい頭で物事を進めていきたいところですね~

(なぜか煩悩の数108の倍ほどのサタンが入っていたチェンマイのお寺にて…私の煩悩多過ぎって事でしょうか??)
タイの寺院で煩悩を捨てる

-

なるほどな~…

気が付けば9月に入り、もうすぐ秋かな~…と思いきや暑い日が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今までならば、この暑さも残暑と思いたいところですが、ここ数年は9月までバリっと夏!…な感じですので、早く秋の足音を聞きたいような、そんな今日この頃です。

さて、先日ようやくコロナ禍後の初現地仕入れに行っておりましたが、やはり仕入れ先目線でもこの3年半のダメージはなかなか大きかったのだな…とシミジミ。

今回は手始めという事でアクセサリーをメインに据えてのチェンマイ渡航でしたが、もちろん染織品も探しながらといった具合。
そして街を歩いてまず気付くのが、貸店舗やシャッターが降りたお店の多さ。
シャッターが降りたお店の中には、
「御用の方はこの番号に掛けて下さい📞(留守or一時休業中)」
な張り紙の所もありますが、店子さん募集の張り紙が多くシンプルに閉業してしまったお店もなかなかに多い様子です。
中には、良い品揃えで何度か立ち寄ったお店でも、閉店どころか跡形もなく更地になっていたり…と、何とも言えない切ない気持ちに。

ナイトバザールのメイン棟とでも言うのでしょうか、昔からのナイトバザール棟は電気を消された所も多く、ホテルに帰る際の近道にとチャンクランから一本裏道に出ようと通り抜けた所、途中からは真っ暗過ぎてちょっと怖いくらい…。
周りのマーケットは活気を取り戻しているようで、様々な屋台やお店も出ているんですけれどもね、この昔からのナイトバザール棟に活気が戻るのはいつなのかな?…と思ったり。

ちょうど滞在中に、以前このナイトバザール棟に出店していた方に会ったのですが、なんでもコロナ禍前から寂れてきていたそうで、現在は別エリアでお店を運営している次第。

そう言えば、このナイトバザール棟内にこれまで飲食系マーケットのイメージはなかった…というか観光客向けの雑貨や絵画のお店がほとんどだったのが、今回一階の真ん中に飲食系の屋台が数軒並んでいて、あとは大部分が空き店舗の状況を見てちょっとシンミリ。
コロナで観光客が来なくなった分、物販店が立ち退いて飲食系で頑張っていたのかな…と。
立地的には最高なだけに、これからまた盛り上がっていって欲しいところです。

そして反するように雨後のタケノコのように増えていたのが、大麻ショップ。
一年ちょっと前に、医療目的の大麻が解禁というニュースは見ていたものの、まさかここまでお店が増えているとは思いませんでした😮!

チェンマイに観光で訪れた際にまず間違いなくそぞろ歩くであろうエリアにも乱立していて、大麻ショップのお向かいが、

チェンマイの大麻ショップ①

また大麻ショップで、お隣も大麻ショップ。

チェンマイの大麻ショップ②

中には3~4軒並んでいる所もあったりで、こんなに乱立していて(色んな意味で)大丈夫かしら?…と思ったり(^^;

そこで、織物屋としてふと考えた事は…、
「モン族の麻布も副産物として増えていってくれないかな~?」
と。

一時期、10年ちょっと前位でしょうか?
タイ北部エリアではモン族の麻布が出回り難くなっていた時期があり、当店ではラオスなどから仕入れをしたりしていたのですが、これから数年後にはタイ産&タイ製の麻布もまた増えていくのかな~?…と。

今回、その頃よりは見掛け易くなったように感じた(個人の見解ですm(__)m)麻布には中国方面の物も多かったのですが、多分、1~2年でまたガラリと変化していくんだろうな~…と、発展著しいタイであれこれ考えた次第です。

-

揺れることもあるんです

7月に入り暑さも増してきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

急激な天候の変化なども増えてきた最近の日本ですが、さっきまで晴天だったのがあっという間にゲリラ豪雨が始まったり…と、なかなか読めない空模様もあったりで、皆さんどうぞ熱中症と共に荒天などにもくれぐれもお気を付け下さいませ。

さて、しばらく休止をしていたオリジナルアクセサリーのコーナーですが、制作も終わり、物撮りも終わり、写真のトリミングも終わり、
「よしっ!ページ作りに入るぞ!」
と作り始めた訳ですが、個人的な事情によりUPを延期させて頂く事になりました。

ええ、全て私の毎度の脱線癖がいけないんですけれどもね…。

と言うのも、今回のオリジナルアクセサリーを作り始めたのが確か昨年末辺りだったかと思います。
その時はまだコロナ禍で、いつ直接仕入れに向かえるか不明瞭な状態だったのですが、遅々としながらアクセサリーを作っている間に5類になり渡航も以前のように簡単になり、
「あれ?仕入れに行けそう?では!」
…といった流れになったのは良いのですが、ふと、
「じゃあ、新しく買い付けたパーツを使ってアクセサリーを作り直したいよね」
となってしまった訳です。

加えて、数年に一回は何かしらでリニューアルをしている当店サイトですが、画像もちょっと大き目で紹介したいな~…と、全面的に作り直そうかと考えています。

何せ、サイト作りにおいては、
『あまり容量の大きな画像は見ている方々にとって不便』
と叩き込まれた旧世代。
なので、どうしてもその思いがよぎってちょっとコンパクトめなサイズで画像を作る癖が続いていたり…。

でも、冷静に考えたら今の時代、ある程度の容量で画像を作って並べても無問題なんですよね(^^;
なので、あっちこっちと心を揺らしながらたどり着いたのが、
「うん、お客様が見やすいように、分かりやすいように変えていこう!」
…と、織物の生地の表情やニュアンスなどもじっくり見て頂けるように、あれこれ作り直す方向で考えております。

そしてもう一つの揺れる事案がおまけの品。

当店をご利用頂いてきたお客様にはお気付き頂いていると存じますが、PANDAN TREEではご注文頂いたお客様に感謝の気持ちを込めて、ささやかではありますがおまけの品を入れさせて頂いております。
これは個人的にも仕入れの際にちょっとおまけを頂いて心がほっこりとしたり、通常の通販などでもおまけの品がふと入っていたりすると、
「ほほっ(*´▽`*)」
と癒されたりする事から当店も取り入れた次第。

ご注文頂いた民族や国など何某かの繋がりを感じる布小物やビーズなどを入れさせて頂いてきましたが、何だかふと、
「ここ1~2年の急激な物価高のご時世、『おまけを入れるんならその分安くしろ!』なんて思われたら辛いな…」
と心が揺れた訳です…ええ。
そして揺れた心の持ち主は、
「年明けからおまけは止めようかな…」
と。

でもですね、長年続けてきた事を止めるのってなかなか心が潔く割り切ってくれないんですね。
なので、潔さをUターン方向に振って、5月から再度おまけを付けさせて頂く事に致しました。
ホント、我ながらブレブレですよね(^^;
店主ポケットマネーでのおまけの品なので、どうか『おまけを入れるんならその分安くしろ!』なんて言わないで下さいね。

…と、まあ色々揺れる年頃(?)ではありますが、あっちこっちと喝を入れている最中だったりします💪

気分的には2023年はリスタートの年といった心持ちですが、どうぞこれからもよろしくお願い致しますm(_ _)m

ライステラスと椰子の木