FC2ブログ

アジアの織物 PANDAN TREE blog

~アジアのことから身近なことまで、きままブログ~
-

バビグリンいろいろ

暑さ厳しい日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、前回のブログでキャッサバの葉について書いた流れからか(?)頭はエスニック料理で埋まってしまい、以降はエスニック料理が食卓に並ぶ日々な我が家(^^;。

料理は結構好きな方なので、気分転換を兼ねて“なんちゃって”なエスニック料理を作って楽しんでおりますが、そんな中でなかなか自作が難しいのがバビグリン。
そう、バリ島で人気の豚の丸焼き料理。

島内には様々なバビグリンの名店が点在しておりますが、旅行客にとって一番有名なのはウブドのイブ・オカ(Ibu Oka)かな・・・と思います。
確か長年王族や地元の人に人気だったこのお店を、2000年頃に観光客も訪れるように・・・とリオープンしたかと思うのですが、その後あっという間に人気店になり、混雑もなかなかのもの(下の写真は10年位前なのですが、これでもまだまだ混雑が楽な状態(^^;。)

ウブド・バビグリン店 Ibu Oka1号店

そんな訳で、最近はイブ・オカの場合は店舗の広い3号店に向かう事が多かったりします。

ウブド・バビグリン店Ibu Oka3号店

1号店のように地元の人も行きかうワルン(食堂)といった雰囲気とは一味異なり、調度品を整えたレストランといった感じなのですが、店内が広い分落ち着いて食事が取れます。

窓からは一見、ウブドの老舗レストラン“ムルニズ・ワルン”のような渓谷っぽい緑が外に見えるのですが・・・。

・・・違うじゃないか(´-ω-`)。
清々しい渓谷と言うよりも(^^;、ゴミが散らかっていたり、鶏が駆け回っていたりといった感じ。
ムルニズ・ワルンからの大好きな渓谷の景色のように、綺麗な鳥が飛び交い、清流で人々がマンディを・・・といった風情とはだいぶ違っていて残念。
なので、特には窓際直近には座らなくても宜しいのかもしれません・・・。

という事で、バリ島滞在中は日本では堪能できにくいバビグリンを何度か食べに訪れる訳ですが、問題は旅の締め(最終日)は何処でバビグリンを楽しむか・・・という点。

イブ・オカのバビグリンのメインのメニューは現在、ピサ(pisah)Rp70,000とスペシャルRp55,000。
これに10%のサービス料が加えられます。
名前的には一見、スペシャルの方が上等のように思っちゃいますが、ピサは“分割する”や“離れた”の意味合いで、ご飯やお肉が別盛りでスープも付きます。

ウブド・バビグリン店Ibu Okaのピサ(pisah)
ピサ(pisah)↑

で、スペシャルの方はワンプレート・ディッシュとなります↓
ウブド・バビグリン店Ibu Okaのスペシャル

スープが飲みたい場合はピサ、不要な場合はスペシャル・・・といった感じで選んで頂いて宜しいのでは。

で、実は最近訪れる機会が多いのはイブ・オカではなく、イブ・オカ1号店を北上した所にあるグン・チュン(Gung Cung)。

イブ・オカの親族が開いたお店のようで、スウェタ通りに面した長屋風の3階建て?的な建物で、3階の窓際で行き交う人を眺めつつ、風を感じながらノンビリ出来るのが個人的にはツボだったりします(´∀`)b。

1階の入り口近くには、お持ち帰りのために地元の人達がひっきりなしに訪れており、その横を通り過ぎて中2階へ上がり、細めの階段を上ると、ベンチが並べられた開放感あふれる3階に到着♪

ウブド・バビグリン店Gung Cung

地元っ子に人気の店という事もあって、3階もお客さんで賑わっている事もありますが、地元の人はパパッと素早く食べてあっという間に帰ることが多く、気が付けば再びノンビリムードの空間に戻っていたり・・・。

という訳で、こちらがグン・チュンのスペシャルRp50,000↓
ウブド・バビグリン店Gung Cungのスペシャル

こちらがワンプレートのバビグリンRp40,000↓
ウブド・バビグリン店Gung Cungのワンプレート

味的にはよりスパイスが効いたグン・チュンの方が好みなので、最近は旅の締め(最終日)はここでバビグリンを楽しむ事が多かったりします。

そんなバビ・グリンですが、これまで食べた中で一番好みなのはギャニアールの市場にあるお店。

こちらはデポッ・ムラティ(Depot Merati)の写真ですが↓、その他にも何店か市場周辺にありますので、お好みの店を見つけてみるのも楽しいかと思います。

ギャニアールのバビグリン店 Merati

そんな訳で、お昼時に島の東部に向かう用事がある場合には、立ち寄らざるを得ない魅惑のギャニアールの市場なのですが( ̄▽ ̄)、上記ウブドの2店よりもより地元っ子が好む味付けで、ラワールも美味しく、内臓系や豚の血入りソーセージなどの添え物が多いのが個人的にはツボだったりします。
・・・が、地元の人用のお店という事もあって、食器もお店も綺麗という訳ではないので、もしかしたら日本の方には好き嫌いは分かれてしまうのかなぁ~・・・とも思ったり(^^;。

ギャニアール Meratiのバビグリン

で、このラワールですが、たまにお祭りのおすそ分けなどで宿や知人宅でご相伴になる事があるのですが、本当に美味しいんですよね~。

お祭りのラワール

自分でも日本で真似をして作ったりしますが、あのシンプルながらも深い味わいが出せないのがちょっと悲しい・・・。
やっぱり豚の血を入れた方が良いのだろうか(´-ω-`)・・・いや、危険か。

そう言えば、ラワールにはレモングラスが入ったりもしますが、出来れば柔らかい茎の部分(エシャロットの白い球根のような部分)を刻んで入れて頂ければベストなのですが、日本の場合はレモングラスの場合は葉の方が手に入りやすいと思うので、それを細かく刻んでもOKです。

レモングラスと言えば、アロマオイルなどでもレモングラスが個人的に一番好きで、我が家で鉢植え栽培もしていたりするのですが、とあるお宅の庭でわんさかと生えているレモングラスを羨ましがっていた所、それを主が抜いて渡してくれながら、
「日本ではどうやって使うの?」
と聞かれた事も。
「う~ん、葉っぱをお茶にしたりかな~。」
などと答えた所、インドネシアでは柔らかい茎を料理のスパイスとして使う事が多いためか、
「へぇぇぇ~('∀')!」
と。

さてさて話はバビグリンに戻して、現地通りの食材が手に入らずに悲しいながらもめげないのが私。
という訳で、最近は皮付き豚肉をスーパーで見かけたら、なんちゃってバビ・グリンwithラワールを日本で作って遊んでいます。

味付けは、まとめ買いをしていながら持て余していた市販のアヤムゴレンの素。
これを水で延ばし、短冊に切った豚肉と共にジップロックなどに入れて2晩ほど寝かし、あとはオーブンで190度40分。

なんちゃってバビ・グリン1

この焼いている40分の間にラワールを作っておくと、(比較的?)あっという間になんちゃってバビグリンの出来上がり♪

バビグリンと全く同じ味とはなりませんが(^^;、でも日本でバビグリンが食べたい!・・・と心が唸り始めたら、充分許容範囲内だと思いますよ♪

なんちゃってバビ・グリン2

オーブンの際に出て来た汁は、食べる際にソースとして掛けてボナペティ~

個人的に生サンバルも好きなので、バワンメラの代わりに日本で手に入る普通のエシャロットと辛みの穏やかな生青唐辛子を使って作っておいて、バビグリンに添えております。

因みに、食べる際の重要な注意点は、暫く経つと豚の皮がゴムのように硬くなってしまいますので(´-ω-`)、出来たてを即食べるか、冷めた際はオーブントースターでお肉を熱々にし直して食べて下さいね♪

スポンサーサイト



-

タピオカ...も良いけど葉っぱもね

猛暑厳しい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて先日、暑さのせいか(?)何のせいか、当方のマンションで電気&通信設備の障害があり、ネットが一切繋がらない状況が続いておりました。
幸い、思ったよりは長期化せずに2日程で復旧しましたが、障害中はテザリングでの最小限の営業となり、期間中にご来店頂いた皆様には大変ご迷惑をお掛け致しましたm(_ _)m。

ネットショップにとってネットが突然繋がらなくなるって、本当に焦りますよね(^^;。
現在は通常通りに復旧しましたので、どうぞサイトをお楽しみ下さいませ。

さて、電気設備もおかしくなる程のこの暑さ。
こうなるとエスニック料理の出番が多くなる我が家ですが、最近のタピオカブームをTVなどで見かける度に、食べたくなる物があります。

それはキャッサバ(singkong)の葉。

タピオカはキャッサバの根のデンプンから作られますが、インドネシアではキャッサバの葉そのものを野菜として食べており、旅行で訪れた際に馴染みのあるところでは、パダン料理やナシチャンプルなどにも頻繁に使われます。

キャッサバ入りナシチャンプルー

火を通した見た目はホウレン草や空芯菜に似ていますが、食べてみるとお茶の葉を漬け物的に食べた時のちょっと歯ごたえの残った食感で、その感じも好きだったりします。

スマトラ島パダン発祥のパダン料理ですが、インドネシア全土に広まっていることもあり、滞在中はお世話になる事がとても多い料理。
なのに・・・、いつもクタクタ&腹ペコでお店に入って速攻で食べ始めちゃう事もあって(^^;、お店での写真がなく下のお持ち帰りの際の画像1枚しかなかった私・・・。

キャッサバ入りパダン料理

この画像だと見た目がイマイチに見えるかもしれませんが(^^;、パダン料理って本当に美味しくて大好きなんですよ~。
で、そのパダン料理屋さんで注文の際に、
「サユール(野菜)も」
と言うと、大概このキャッサバの葉を添えてくれます。

インドネシアといえばほぼ全域ではお米が主食ですが、稲作に適していない東部島嶼部ではキャッサバの根が主食であった場所もあります。

昨今の日本の熱帯化&タピオカブームでキャッサバを栽培している方がいらっしゃったら、是非キャッサバの生葉を私に通販して欲しい!!
そう切に願わずにはいられないPANDAN TREE店主でしたm(_ _)m。

-

新作アクセサリーUP致しました

曇り続きのムシムシとした日々が続く今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
ここまで太陽にご無沙汰していると、真っ青な空&ギラギラの太陽が待ち遠しいですね。

・・・と、このブログを書いている真っ只中に、ちょうど西日本は梅雨明けした模様(^^;。
東日本も近日中には梅雨明けかと思いますが、来たる猛暑に負けないよう、体調にどうぞお気を付け下さい。

さて、長く掛かっていましたオリジナルアクセサリーの制作&UPですが、先日ようやくサイトへ上げさせて頂きました。

オリジナル・アクセサリー・コーナーへ≫

新作アクセサリー

今回もまたまた大量制作になったため、気が付けば制作スタートから2ヶ月以上かかってしまいましたが(^^;、久し振りにルドラクシャやウッドビーズを使用したり、ワックスコードのロング・ネックレスも参加したりと、Bohoスタイルにもぴったりな風合いの物も制作してみました。

当店の場合は、カレン族シルバーやバリ島シルバーをラインナップ&使用している事もあって、そうしたボヘミアン・ファッションに合いやすいアクセサリーが元々多いのですが、今回はそこにナチュラル感のあるアースカラー素材をプラスして、夏らしさも増しているかな・・・と思います。
加えて、爽やかな透明感あふれる天然石も多用しておりますので、夏の装いにどうぞお役立て下さい♪

という訳で、一段落がつきましたので、次は久し振りにご紹介のスマトラ島の織物のUP準備に入ろうかと思います。

PANDAN TREEはイカット(織り)に重きを置いたラインナップのため、インドネシアではバリ島以東が主な仕入れ先となりますが(バティックのお問い合わせを頂いてきた皆さん、申し訳ございませんm(_ _)m)、ことスマトラ島となると味わい深い織り文化が点在しております。

まずは久し振りに霊船布(タンパン)からご紹介準備を始める予定ですが、この霊船布も昨今買い付けし難くなりつつある一品。
少量でのご紹介となりますが、どうぞ伝統の風合いをお楽しみに!

では皆さん、良い夏をお過ごし下さい♪

南の島の青い海

-

切っちゃダメ! 切っちゃダメ?

梅雨真っ盛りの今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて近頃は、通常業務の合間にアクセサリーのUP作業三昧な日々を送っていますが、撮影した写真を何枚トリミングしても終わる気配がないような大量加減・・・。
調子に乗ってオリジナルアクセサリーを多く制作してしまった為に、700枚程の画像を作らなければ・・・な状態です(T_T)。

という訳で、今回はブレスレットのエンドパーツはマンテルにしてみました。

シトリンとカレン族シルバーのブレスレット

カレンシルバーのチェーン&チャームの組み合わせで作るか、マンテルで作ろうか・・・と一しきり悩みましたが、今回はマンテルの再登場です。

再登場と言うと、ルドラクシャも素材として再登場な訳ですが、

ルドラクシャと水晶とカレン族シルバーのブレスレット

今回使用したルドラクシャは直径6mm程と、これまで使用の物と比べても結構小さめで着け心地もより宜しいのでは・・・と思います(^-^)。

さて、このルドラクシャ。

以前も本ブログで紹介させて頂いた事がありますが、金剛菩提樹の実でマントラを唱えるときの数珠ジャパ・マーラーの素材に使用されます。

ルドラクシャのジャパ・マーラー

で、このルドラクシャのジャパ・マーラーを切ってゴムを通したブレスレットを、シルバーバングルなどと重ね着けをして日々楽しんでいますが、

ルドラクシャのブレスレット

ルドラクシャの一大生産地インドネシアで唯一ヒンドゥー教徒が多数派のバリ島でも着けていた所、とあるお店の奥さんに、
「(数珠を)切ってブレスレットにしちゃダメッ!」
とたしなめられてしまいました(´・ω・`)。

「えっ?切っちゃダメ?」
としょんぼりして日本に帰って来てから、日本在住のインド人の知人に、こう言われちゃった~・・・と話した所、
「全然問題ないよ~。気にしない、気にしない(^_^)!」
そんな彼の腕には、トゥルシー(ホーリーバジル)のビーズで作られたブレスレットが。

このルドラクシャのブレスレットはお気に入りなので、このまま大事に味わいを育てながら着けて行きたいと心に誓った瞬間でした( ̄▽ ̄)。

という訳で、梅雨明けまでにはオリジナルアクセサリーのページを完成させたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

-

ニッパ椰子とマレー蘭印紀行

気が付けば梅雨間近の今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、オリジナルアクセサリーの在庫が少なくなってきましたので、夏に向けて制作スタートをしております。
今回は通常よりは数を押さえて作ろうかな~・・・と思っておりましたが、気が付けば大量制作になりつつある今日この頃・・・。
ええ、一度始めるとハマってしまう性質なんです。

という訳で、今回は重さがありがちなスピリットロックを考慮して、ワックスコードを編んだネックレスなども準備致しております。

カレンシルバーとワックスコードのネックレス

ネックレス十数本分という事で、気が付けば、20m以上もワックスコードを編んでいたのですが、お陰で指が紐との摩擦で擦れてアイタタタ(+_+)。

マンテル使用のブレスレットも復活予定ですが、デザイン的には夏らしくシンプルで軽めの着け心地といった感じです。

暑さが増す頃までにはUPしたいと思っておりますので、どうぞお楽しみに!

さて、日々パソコンに向かっている時間が長い仕事柄ですが、そんな時は電子書籍ではなく紙の本をゆっくりと読みふけりたくなります。
紙の手触りを感じながら、ペラペラと読み進んでいくのって心と脳の栄養分よね~・・・などと考えながら。

で、最近ふと読みたくなったのが、昔なくした「マレー蘭印紀行」。
知人に貸したら、そのまま戻ってこず・・・の“あるある”な訳ですが、先日Amazonへの注文の際についでにポチッと購入。

久し振りに手にした「マレー蘭印紀行」は・・・表紙が変わっていて、作者の描いた墨絵になっていました。
しみじみと、やはり良書ですね!

マレー蘭印紀行

昔から旅行の際は薄めの本を一冊持って行きますが、この本の良い所は薄手かつ読みごたえあり・旅情etc...と沢山あり、20歳位の頃から旅のお供でした。

で、この本とシンクロするように心に残っているのがフィリピンでの海沿いに並ぶバラックとニッパ椰子の茂る風景。

ニッパ椰子は東南アジア各地のマングローブで見られますが、

ニッパ椰子1

ニッパ椰子2

個人的には、ヒルギなどのマングローブ植物よりも旅情が掻き立てられる植物で、こうした風景を眺めながらニッパ椰子の情景を詠んだ本書を読みふけった事を思い出したり。

気が付けばアジアの織物屋を始めておりましたが、元々がこうした感じで東南アジアが根っから好きだったんでしょうね。

そして、アジアの織物屋を始めてからの視点で改めて「マレー蘭印紀行」を読んでみると、仕入れ旅などで訪れた地名が記載されているのに気付き、昔とはまた別の味わいを感じながらの読書タイムとなっております。

金子光晴さんの他の本も東南アジア旅が大好きな方にはうってつけですので、旅のお供にどうぞ♪

という訳で、今週には梅雨に突入の様子ですが、それに合わせて雨の日近所お出かけ用サンダルにBirkenstockのEVAシリーズを購入。

birkenstock

夏・・・と言うよりも、GW頃から個人的にはサンダル・シーズンがスタートなのですが、トング型デザインって大好きなんですよね~♪
お陰で、足甲には年中トング型日焼け跡が付いてしまっています(^^;。

Birkenstockで思い出すのが、学生時代にも時折このサンダルで授業に出たりしておりましたが、高齢の教授に、
「きっ、君は私の授業にサンダルで出るのかっ(`´)!!」
とすごい剣幕で怒られた事。
タンクトップの子も怒られていたし、荷物の置き場所のない教室で腿の上(お腹の前)にバッグを置いていた友達も、
「君はお腹が痛いのかっ!?」
と怒られキョトン(゜_゜)・・・今となっては良い思い出です( ̄▽ ̄)。

そんなこんなで、気に入ると長年買い替えながらそのメーカーを使い続ける癖があるのですが、このBirkenstockを含めDanner&Merrellなどは長年の旅の友とも言える靴。
特にBirkenstockはこれで8足目という訳で、長い付き合いになっております。

こうやって考えると、本もそうですが必要最低限の荷物で旅に出る癖が付いていると、質が良く・使いやすく・デザイン性に優れ・長く愛用できる物に落ち着きますね。

では、体に気を付けて梅雨&猛暑を乗り切りましょう!